動脈硬化の症状

動脈硬化とは

動脈硬化とは、本来は老化現象でもありある程度年をとってくると、たいていの人に多かれ少なかれ起こってくるものです。そもそも動脈硬化とは、動脈の内側の壁が盛り上がって血流を悪くする病気で心臓から体のいろいろな場所に血液を送る動脈の壁が、かたく厚くなり弾力を消失し動脈自体がもろくなる状態のことです。

 

動脈硬化が進むと、動脈の内側の壁が盛り上がり血液の通り道が狭くなり、血液の流れが悪くなります。動脈を流れる血液は、全身の臓器が正常に働くために必要な酸素や栄養を運んでいます。動脈硬化のせいで血液の流れが悪くなると、全身の臓器は十分な酸素や栄養が得られないため、重大な事態が起きます。

 

心臓に栄養を送る冠動脈の血液の流れが著しく悪くなると狭心症を、完全に詰まり血管がふさがつてしまうと心筋梗塞を起こします。また、脳の動脈が詰まると脳梗塞を起こします。これらの病気は、動脈硬化性の病気といわれ生命に影響を与える病気です。たとえ命が無事であってもその後の生活に障害を来す可能性があります。

 

しかも厄介なのが動脈硬化は、ある程度通行するまでは自覚症状がないか、あっても比校的軽いので、見のがしていることが少なくありません。そのため、自分で気づかないうちに進行していることが多いものです。ところで、一口に動脈硬化といっても、以下の3つの種類があります。

 

  • 細動脈硬化
  • 中膜硬化
  • 粥状動脈硬化(じゅくじょうどうみゃくこうか)

 

いずれも高血圧があると著しく促進されます。細動脈硬化は、腎臓や脳などにある非常に微小な細い動脈に起こりやすいもので、動脈の内側が狭まっていき、血管壁の一部の組織が死んだりします。特に高血圧が原因であることが多く、脳梗塞や腎障害を招きがちです。中膜硬化は上腕や太ももなどの中太の動脈に起こり動脈の中模にカルシウムが沈着して石灰化し石のようにかたくなります。いわゆる老化現象の一部です。

 

粥状動脈霜は、太い動脈や中太の動脈に起こるもので、よく言われる動脈硬化はこのことを指します。脂質異常症とも最も関連性が深いのが粥状動脈硬化で、狭心症や心筋梗塞を引き起こします。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top