オレイン酸とは

オレイン酸とは

オレイン酸というのは、体内で合成することができる一価不飽和脂肪酸です。具体的に言うと、オリーブ油やひまわり油、サフラワー油などに多く含んでいると言われていま。特にオリーブ油に多く含まれています。

 

実はオレイン酸というのは、他の脂肪酸と異なり、参加しにくいのが特徴で加熱調理に向いています。また発がん性のの危険がある過酸化脂質を作りにくいと言う特徴もあります。

 

オレイン酸の働き

ではオレイン酸は、私達の体内でどのような働きをしてくれるのでしょうか?

 

オレイン酸は、高血圧や心臓病を予防し胃酸の分泌を調整します。それ以外にも動脈硬化、心臓疾患、肥満など生活習慣病を予防改善する効果を持っています。また胃酸の分泌は腸漬瘍や胃酸過多症の予防、便秘の改善も認められているのです。このように体にとって非常にメリットのある成分のオレイン酸は、体内でも合成できるのですが、効率的に摂取できるように食品からの摂取に
注目が集まっています。

 

オレイン酸が不足すると

オレイン酸あ不足すると動物性の飽和脂肪酸が増えてしまいます。コレによって血液中のコレステロールが増え、動脈硬化や心臓疾患などの生活習慣病のリスクが高まります。逆に過剰に摂取するとエネルギーのとりすぎになります。いくら良いと言っても取り過ぎは禁物です。特に肥満の方は注意が必要です。

 

オリーブオイルの効果

欧州の地中海エリアでは、オリーブ油を多用していることで有名です。ある研究データによると、他の欧米諸国に比べて心臓疾患による死亡率が低かったそうです。これは、オリーブ油に含まれるオレイン酸のしわざではないかと言われています。またオリーブ油は、髪の毛や肌の美容にも直接塗る方法で利用されています。

 

オレイン酸を効率的に取るなら!⇒話題のオリーブオイル健康法を手軽にお試し!約1ヶ月分1,000円/特典付き

 

1000円で試すオリーブオイル健康法を試す!

 

関連記事

オリーブオイルの驚きの効果!
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールをふやす大きな特長があります。

 

 

 

植物性と動物性のバランス
植物油にある不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロール値を下げる効果があり、摂取量を適切に守れば善玉HDLコレステロールをふやす働きがあります。

 

 

 

動脈硬化について
高コレステロールが大きな原因となる動脈硬化について解説しているページです。厚生労働省の発表によると、わが国における死因のワーストスリーの中に血管系の病気が2項目あります。そしてこの血管系の病気の要因とも言えるのが動脈硬化なのです。

 

 

 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top