脳梗塞とは

動脈硬化が起こす病気

脳梗塞とは脳血栓症と脳塞栓症の2つの種類がありこれらを総称して脳梗塞とよんでいます。脳梗塞は夜間布団に入ってから起こりやすいと言われています。脳梗塞には発作があると言われておりますが、脳血栓症と脳塞栓症では少し違いがあります。

 

脳血栓症

脳血栓では少しずつ血管が詰まり、だいたい1日〜4日間でゆっくりと発作症状があらわれます。症状は、舌のもつれ、吐きけ、手足の軽い麻痺などです。そのまま放置すると意識を失います。その前ぶれに頭痛やめまいなどが起こることも少なくありません。

 

脳塞栓

脳塞栓では急激に発作が起こります。これは脳以外の場所でできた血栓が血流に乗って流れてきて、突然、脳の血管を閉鎖してしまうからです。具体的な症状としては、休の左右どちらかが麻痺してしまう片麻痺や言語障害などがあります。また突然、意識不明になる場合もあります。

 

対処は初期に注意すること

徐々に発作の症状があらわれる脳血栓の場合は、初めの小さな発作を見のがさないことが重要です。また、高血圧や脂質異常症の方は定期的に人間ドックや脳ドックなどで検査を受けることも必要です。

 

脳梗塞の前ぶれである現象の一つに一過性脳虚血というものがあります。これは、脳血管が一時的に血栓が詰まり障害が発生する現象です。発作症状は、体の片側の手足の軽い麻痺やしびれ、言語障害などの、片目が見えなくなる、二重に見えるなどの症状が起こります。

 

これらの発作症状は、多くは10分以内、長くても1時間以内〜24時間以内に消えます。一時的な症状の理由は、血管に詰まった血栓が溶けて血流が再開するためです。

 

しかし、これを何回か繰り返したあとに本格的な脳梗塞を起こすことも多く、いわば脳梗塞の前ぶれなので、けっして侮れません。

 

たとえ発作がわずかな時間だったとしても、きちんと医師にみてもらってください。脳梗塞を予防する本格的な専門治療が必要な場合もあります。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。




コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top