ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群とは

ネフローゼ症候群とは、腎臓病が原因で脂質異常症が起こる症状の代表的な症状です。これは、主に慢性肝炎という病気が進行して起きる症状の総称で、尿にタンパク質が大量に出て血液中のタンパク質が減少しむくみが出たりします。

 

ネフ口ーゼ症候群を起こすと、ほとんどのケースで高コレステロール血症を起こします。少なくなったた血液中のタンパク質を補うために、肝臓でアポタンパクの合成が多くなり血液中のコレステロールが上昇します。

 

慢性腎炎などがさらに進行すると、腎臓の機能が極端に低下して、健康な人の50%以下の働きしかできなくなる腎不全という状態になります。腎不全の中でも、経過や症状が徐々に進行していくものを慢性腎不全と言い、この腎不全になると中性脂肪値が高くなります。

 

腎臓病が高コレステロール血症を起こす理由

腎臓病が高コレステロール血症を起こす理由は、体内のタンパク質が不足してコレステロールを運ぶリポタンパクの代謝に支障を起こすことにあると考えられています。

 

腎臓病になると体内のタンパク質が不足するため、肝臓はどんどんタンパク質を合成しょうとしますが、それと併行してコレステロールの合成も盛んになり、高コレステロール血症になりやすくなります。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top