レシチン

レシチンとは

レシチンとは、脂質の一種でありリン脂質を製品のことをレシチンと呼んでいます。一般的にレシチンは、大豆や卵(黄身)に多く含まれております。体内では、脳や筋肉、細胞膜の周りを覆う物質を作る成分として利用されます。また、レシチンはその原料によって分類されおり、卵を原料とするもを「卵黄レシチン」と呼び、大豆由来のものを「大豆レシチン」と呼ばれています。

 

そのほかにも、血中壁の不要なコレステロールを溶かす作用があったり、中性脂肪、コレステロール、肥満などの問題を抱える方にも効果のある成分とされています。

 

↓レシチン効果が高い商品はこちら↓

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top