高尿酸血症とは

高尿酸血症とは

高尿酸血症とは血液中に尿酸という物質がふえすぎた状態です。脂質異常症では尿酸値が高めの人も少なくありません。高尿酸血症は腎臓や心臓の動脈硬化を起こしやすくなることが分かっています。尿酸は、細胞の核酸の老廃物でプリン体という物質をへて肝臓でで合成されます。プリン体というとビールをよく連想される方が多いいと思いますが、プリン体は食物全般に含まれており代表的な食品は魚介類やレバーなどです。また、タンパク質や食事に含まれるプリン体などが多すぎると、肝臓での尿酸の合成が増えてしまいます。

 

この尿酸は、通常は血液に溶けて腎臓へ運ばれ、最終的には尿の中に出て排泄されます。しかし、尿酸の合成が増加したり、排泄に障害が起きたりすると、血液中に増えてしまうのです。尿酸は水に溶けにくいため、高尿酸血症が長い間つづくと結晶化し、体内のあちこちにくっつくようになります。

 

やがて、関節などにたまったこの結晶をとり込もうと白血球が集まってきて炎症が起こり、突然、はげしい痛みが生じます。これが痛風です。痛風は、高尿酸血症の約10%の方に見られ、症状が進むと関節を破壊してしまうことがあります。

 

高尿酸血症と動脈硬化の関係

高尿酸血症では、一般的に脂質異常症や糖尿病などを合併しているケースが多く、それらも影響して、替通の人の2〜3倍は動脈硬化になりやすくいと言われています。特に腎臓や心臓の動脈硬化が多いのが特徴です。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top