頸動脈狭窄症

加齢とともに増加する脳梗塞

頸動脈狭窄症とは、頸動脈が動脈硬化によって狭くなっている状態の病気です。頸動脈とは、頭に血液を送る動脈このことで首の左側と右側にあります。この症状によってもっとも、影響を受けるのは脳です。脳に血液を送っている血管は頸動脈2本と脳底動脈1本です。脳は人間の中でも重要な臓器なので1本が動脈硬化を起こしても他の血管が補える仕組みになっています。しかし、1本でも動脈が狭くなっるということは動脈硬化が進行している証拠です。何らかの改善策が必要です。

 

症状

以下のような症状を感じたら頸動脈狭窄症の可能性がありますので注意してください。

  • めまい
  • 雑音が聞こえる

 

早期発見と早期治療が重要

頸動脈の状態を確認するには、超音波検査で確認することができます。血中のコレステロールが上昇し頸動脈の血管壁にコレステロールが蓄積するとアテロームができます。アテロームを放置するとどんどん盛り上がってきます。この盛り上がった場所をプラークと呼びますがプラークの比率が血管の75%を占めると頸動脈狭窄症と診断されます。

 

頸動脈狭窄症の主原因は、コレステロール由来のアテローム(血管の腫物)です。アテロームが大きくなって破れて血栓ができると脳梗塞の前兆でもあるTIAと呼ばれる症状を素早くキャッチして適切な治療を受けることが重要です。

 

脳梗塞の前触れ

脳梗塞の症状が現れても、しばらくすると治ってしまうことがあります。これを、一過性脳虚血発作(TIA)と呼んでいます。このTIAは、脳梗塞の前兆であるとも言われています。TIAは多くの場合24時間以内に治りますが、約30%の人は一年以内に脳梗塞を発症します。特にTIA発症から2週間以内が危険と言われています。TIAかなと思ったら、まずは病院へ行くようにしましょう。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top