DHAの効果

DHAとは

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは、不飽和脂肪酸の一種で体内で合成することの出来ない必須脂肪酸です。EPAと同様に青魚の脂肪に多く含まれている他αリノレン酸を摂取すると体内でEPAを経て合成されます。

 

魚にEPAやDHAが多いのは、魚の餌である植物性プランクトンに含まれるαリノレン酸が魚の体内でEPAやDHAに変化されるからです。ちなみに、イワシ油には10%、マグロの目には30%ものDHAが含んでいるとされます。

 

DHAの働き

DHAは、脳の発達や機能を高めると共に生活習慣病の予防改善に効果があります。脳には、ニューロンと呼ばれる神経系細胞があり神経系回路をつなぎながら情報の伝達をしていますが、この突起部分にDHAが含まれています。この部分のDHAが不足することで情報の伝達が上手く行かなくなる場合があり記憶能力の低下を招くこともあるそうです。

 

一方、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす、血小板の凝縮を防ぐ、血圧を下げる、中性脂肪を減らす等のEPAと同じ働きがあることも分かっています。

 

関連記事

食物繊維はコレステロールを下げる即効性のある特効薬
『そろそろ健康診断か、そういえばコレステロールが気になっていただ・・・今すぐ何とかしたい!!』そんな方にオススメの方法が食物繊維の摂取です。手っ取り早くコレステロールを下げるのなら食物繊維を多く含んでいる食品を積極的に摂取することです。

 

 

 

コレステロールの高い食品
食事療法で高コレステロールを改善するには、原因の一つでもある高コレステロール食品を日頃食べていないか見直しましょう。実は、意外と知られていないのですが「いか」、「たこ」、「貝類」などはそれほど影響のないことが最近の研究で分かって来ました。

 

 

コレステロールを下げる食事
実は意外と知られていないのですが、コレステロールの約8割は体内で生成されています。コレステロールを下げるには、コレステロールが多く含まれている食べ物だけを控えればいいと思われがちです。 しかしこれだけでは不十分なのです。

 

 

 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top