コレステロールに関する用語集

コレステロール関連用語集記事一覧

 いわゆる善玉コレステロールと言われているものです。血液中の過剰なコレステロールを肝臓に戻す働きがあります。正常値は、40-70mg/dl未満とされており、40未満では、動脈硬化などの病気を引き起こす原因になるとされています。 HDLコレステロールは、動脈壁にこびりついた害をなすコレステロールや細胞内の余分なコレステロールをを取り除き働きがあります。このように、HDLコレステロールには、動脈硬化な...

 いわゆる悪玉コレステロールと言われているものです。このLDLコレステロールが多いと、血管の壁に蓄積し、動脈硬化を進行させます。最終的には血管を詰まらせてしまい、血管の流れを遮断し、心筋梗塞や脳梗塞などの生命に関わる病気を引き起こします。 悪玉といわれていますが、LDLコレステロールは人間の体には欠かせないものです。LDLは体内の必要な細胞にコレステロールを運搬する役目があります。しかし、基準値を...

 トリグラセライドとも呼ばれ、糖分やアルコールなどによって摂取した余分なエネルギーが、肝臓で中性脂肪に変化します。中性脂肪は食べ過ぎや運動不足が原因で増加し、動脈硬化などの病気を引き起こします。中性脂肪にも重要な役割がある 中性脂肪は体の中で重要な役割を果たしていますb。それはエネルギーの貯蔵庫と言う役割です。私達の活動エネルギー源は主に糖質に依存していますが糖質が十分に取れなかった時や、運動量が...

 総コレステロール値は、高すぎても問題ですが低すぎても問題になります。そもそも総コレステロールとは、LDLコレステロールとHDLコレステロールを合わせた総量のことを意味します。一般的にコレステロールには、悪玉と善玉と呼ばれるものがありますが、これはコレステロール自体に悪玉と善玉があるわけではありません。コレステロールが体内でどのようなリポタンパクで運ばれるかによって区分されているのです。コレステロ...

血液中の脂質の量がバランスをくずしている状態を脂質異常症と呼びます。脂質異常症は自覚症状こそありませんが病気です。一昔前までは、高脂血症と呼ばれていた病名です。人間の血液中の脂質は、大きく分けて次の4種類に分類されます。それらはコレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)、リン脂質、遊離脂肪酸です。脂質異常症として問題になる脂質はコレステロールと中性脂肪です。この2つが増えたり減ったりする状態のこと...

VLDLDとは、中性脂肪が豊富に含まれておりコレステロールも少なからず含んだリポタンパクです。その中性脂肪の多くは、肝臓で脂肪組織などから血液によって運ばれた遊離脂肪酸から合成されます。一部の中性脂肪は肝臓で糖からも合成されます。VLDLの働きはこのような中性脂肪を肝臓から筋肉や脂肪組織へ運ぶことです。このVLDLは全身の組織へ運ばれエネルギーを必要とする組織に中性脂肪を渡します。この時、カイロミ...

レシチンとは、脂質の一種でありリン脂質を製品のことをレシチンと呼んでいます。一般的にレシチンは、大豆や卵(黄身)に多く含まれております。体内では、脳や筋肉、細胞膜の周りを覆う物質を作る成分として利用されます。また、レシチンはその原料によって分類されおり、卵を原料とするもを「卵黄レシチン」と呼び、大豆由来のものを「大豆レシチン」と呼ばれています。そのほかにも、血中壁の不要なコレステロールを溶かす作用...

タウリンとは、アミノ酸の一種で、動物の心臓や筋肉、脳、内臓などに多く含まれる成分で、人間の内臓や筋肉にも多く含まれています。タウリンは血中コレステロール値を下げる働きがあることが解っています。メカニズムに関してはすべてが解明されているわけではないですが、肝臓でコレステロールから合成される胆汁酸の代謝に影響があると思われています。 またタウリンは魚介類に多く含まれているといわれ、以下のような食品に多...

 アリシンとは、ニン二ク特有の刺激臭のもとになつている成分で、におい成分は硫化アリルとも呼ばれています。アリシンは、アァリインという物質にアリナーゼという酵素がはたらくと生成されるイオウ化合物のひとつ。ニン二クをすりおろしたときに刺激臭が強くなるのは、このアリインが生成されるからなのです。 ねぎやニラにも、よく似た酵素の入つた成分が含まれています。抗菌・抗カビ作用を持ち生活習慣病を予防する働きがあ...

 リコピンとは、トマトやトマト製品に含まれる赤い色素の成分で、カロテノイドの一種。「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがヨーロッパにあるほど、健康成分として注目されています。その抗酸化作用の力はβ-カロテンの2倍とも言われています。特に、がん細胞の成長を抑える効果が高く、さまざまな実験結果が報告されています。 また、紫外線による肌へのダメージを予防することも、最近の研究でわかってきま...

 ルテインとは、カロテノイドの一種で、ほうれんそう、からし菜、キヤべツ、とうもろこし、ブロッコリー、そばなどに含まれるている黄色い色素成分です。目の組織や肌、子宮内膜、女性の乳腺などに存在し、体内では合成されません。 ルテインの働きは目の病気の予防をし女性特有のがんにも効果です。また、活性酸素を除去するはたらきが高く、細胞の老化を遅らせ、がん細胞の発生をおえます。特に網膜の中央部にある黄斑に多く存...

オレイン酸というのは、体内で合成することができる一価不飽和脂肪酸です。具体的に言うと、オリーブ油やひまわり油、サフラワー油などに多く含んでいると言われていま。特にオリーブ油に多く含まれています。実はオレイン酸というのは、他の脂肪酸と異なり、参加しにくいのが特徴で加熱調理に向いています。また発がん性のの危険がある過酸化脂質を作りにくいと言う特徴もあります。オレイン酸の働きではオレイン酸は、私達の体内...

 血液中のブドウ糖濃度のことです。糖尿病になると上昇しますが、空腹時の数値が正常でも、食後の数値が基準値を超える場合も、糖尿病・境界型糖尿病の可能性があります。(糖尿病患者と予備軍)正常値は、70-109mg/dlとされています。

 心筋に酸素や栄養素を供給する冠動脈に硬化が起こることで現れる病気。血管が狭くなって心筋の血液が不足することで起こる「心筋症」と血栓によって完全に血管が詰まってしまう「心筋梗塞」のことを合わせて冠動脈疾患と呼ぶ。どちらも心筋への血液が不足する病気のため虚血性心疾患とも呼ばれる。 冠動脈疾患には『LDL値が140mg/dl以上あること』を前提に、そのほか以下のような危険因子があり。危険因子の数によっ...

 飽和脂肪酸は肉類、乳製品の脂肪に多く含まれる脂質の事です。牛や豚などの肉類や乳製品に多く含まれている脂肪酸の多くが飽和脂肪酸といわれています。融点が高いのが特徴で、血中のコレステロール濃度を上げ、脂肪組織に貯まりやすいという欠点があります。 残念ながら私たちの健康にとつてマイナス面ばかりが目立ちます。血中コレステロールが増え過ぎると、動脈硬化や血栓をおこす原因になります。魚の脂肪にも多く含まれて...

BMIは体重指数のことで以下の式で計算します。BMI = 体重 ÷ 身長 ÷ 身長18.5未満は痩せ気味、25以上は肥満です。体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありおへそ周りの腹囲の増大は内臓脂肪の過剰な蓄積の目安となります。肥満や内臓脂肪の過剰は高脂血症、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群などを引き起こします。関連記事食物繊維はコレステロールを下げる即効性のある特効薬『そろそろ健康診断か、そういえばコレステ...

 魚の脂質に含まれる良質な脂肪酸です。EPA (エイコサペンタエン酸)は、不飽和脂肪酸の一種で、体内で合成することができません。さばやいわしなど背の青い魚に多く含まれ、植物油などに含まれるアルファーリノレン酸も体内でEPAに変換されます。IPA (イコサぺンタエン酸)とも呼ばれています。 EPAは、血液が凝固するのを抑えたるはたらきがあり、血中の中性脂肪を減らすので血液をサラサラにしてくれます。 ...

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは、不飽和脂肪酸の一種で体内で合成することの出来ない必須脂肪酸です。EPAと同様に青魚の脂肪に多く含まれている他αリノレン酸を摂取すると体内でEPAを経て合成されます。魚にEPAやDHAが多いのは、魚の餌である植物性プランクトンに含まれるαリノレン酸が魚の体内でEPAやDHAに変化されるからです。ちなみに、イワシ油には10%、マグロの目には30%ものDHAが含んでいる...

γ-GTPとは、肝臓の解毒作用の関係する酵素です。「肝臓病」等の病気がある場合、血液中に大量に放出されるという性質があります。胆道や肝臓の障害、肥満や脂肪肝でも上昇しますが、特にアルコールによる肝臓の障害で上昇すると言われています。それ以外にも薬物間障害と言う薬を服用した時にも上昇すると言われています。γ-GTPの基準値は男女によって異なり以下の数値であれば正常とされています。成人男性:11〜58...

オキシステロールとは酸化した俺ステロールのことである。コレステロール酸化物とも言う。オキシステロールは、炎症を引き起こし周囲の細胞を傷つけるなどの作用がある。

 このマークを見たことはないでしょうか? 一度は目にしたことはあるのではないでしょうか?特定保健用食品、通称トクホとは身体の生理学的機能などに影響を与える成分を含んでおり、コレステロール、中性脂肪などを改善したり、お腹の調子を調整するなどの特定の保健の効果が科学的に証明されている国(消費者庁)が許可した商品です。 トクホの食品を購入するときは、自分の食生活等をよく考えて、どのような保健効果を得るた...

血液中の脂質の量がバランスをくずしている状態を脂質異常症といい、れっきとした病気です。人間の血液中の脂質は、大きく分けて、コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類があります。このうち脂質異常症として問題になる脂質はコレステロールと中性脂肪です。コレステロールはとかく悪者視されがちですが、生命の維持には欠かせません。細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料や原料になるのです。...

カイロミクロンとは食事で摂取した脂質が消化吸収され象徴で合成されるリポタンパクです。特徴は、脂質が非常に多く、タンパク質は極わずかです。カイロミクロンの大部分は中性脂肪で、コレステロールも少しですが含みます。カイロミクロンの主な役割は、こうした脂質を抹消の組織や肝臓へ運ぶことです。比重が低いカイロミクロンは、体積が最も大きく中性脂肪が占める比率が高いため比重が一番低いリポタンパクです。超超低比重リ...

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が減る病気です。甲状腺とは、くびの前部、のどぼとけの下にある器官で、甲状腺ホルモンを分泌している機関です。甲状腺ホルモンは、栄養素をエネルギ?に変える働きがあります。このホルモンの分泌が減ると血圧が下がる、体がむくむ、体重がふえて動作が緩慢になる、もの忘れがひどくなる、心臓の働きが低るなどの症状があらわれます。それと同時に、血液中の総コレステロール値が高く...

ネフローゼ症候群とは、腎臓病が原因で脂質異常症が起こる症状の代表的な症状です。これは、主に慢性肝炎という病気が進行して起きる症状の総称で、尿にタンパク質が大量に出て血液中のタンパク質が減少しむくみが出たりします。ネフ口ーゼ症候群を起こすと、ほとんどのケースで高コレステロール血症を起こします。少なくなったた血液中のタンパク質を補うために、肝臓でアポタンパクの合成が多くなり血液中のコレステロールが上昇...

動脈硬化とは、本来は老化現象でもありある程度年をとってくると、たいていの人に多かれ少なかれ起こってくるものです。そもそも動脈硬化とは、動脈の内側の壁が盛り上がって血流を悪くする病気で心臓から体のいろいろな場所に血液を送る動脈の壁が、かたく厚くなり弾力を消失し動脈自体がもろくなる状態のことです。動脈硬化が進むと、動脈の内側の壁が盛り上がり血液の通り道が狭くなり、血液の流れが悪くなります。動脈を流れる...

肥満とは、体に必要以上の脂肪がたまっている状態のことを言います。日常で使うエネルギー量以上のエネルギーを食事で取り入れた場合、その余分なエネルギーは体内で脂肪に作り替えられて体脂肪となり、その体脂肪が過剰に蓄えられた状態です。つまり、同じ体重の人間でもスポーツ選手などのように筋肉質のは筋肉が多く脂肪が少ないので肥満とは言いません。肥満が起こす様々なトラブル肥満は脂質異常症の原因になるだけではなく、...

内臓脂肪とは、主に内臓についた脂肪のことを指します。内臓脂肪は臓器を一定位置に保つようにパッキンのような役割を担っているものです。しかしそれだけではなく、運動量が増加した時の緊急エネルギーとしても当然使用されます。内臓脂肪は、女性よりも男性のほうがつきやすいと言われています。それは、女性に比べて男子は筋肉量が多いいため筋肉を動かすための熱源として利用しなければならないからです。また、皮下脂肪とは異...

遺伝あるいは遺伝的素因で起きる脂質異常症を家族性脂質異常症といいます。この病気には、さまざまなタイプがありますが中でも特に多いのが家族性高コレステロール血症です。家族性高コレステロール血症は、体質的にLDLコレステロールの処理機能に異常があるために起こります。患者さんの血縁者にコレステロール値がかなな高い人が多いことも特徴です。LDLコレステロールの処理機能の異常とは、生まれつきLDL受容体がなか...

高尿酸血症とは血液中に尿酸という物質がふえすぎた状態です。脂質異常症では尿酸値が高めの人も少なくありません。高尿酸血症は腎臓や心臓の動脈硬化を起こしやすくなることが分かっています。尿酸は、細胞の核酸の老廃物でプリン体という物質をへて肝臓でで合成されます。プリン体というとビールをよく連想される方が多いいと思いますが、プリン体は食物全般に含まれており代表的な食品は魚介類やレバーなどです。また、タンパク...

動脈硬化が起こす重大な病気の一つに大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)があります。この病気は、動脈にコブができる病気で、コブが破裂した場合は殆どのケースで死亡すると言われています。大動脈とは、心臓から血液を運ぶ幹線道路ともいうべき動脈です。この大動脈に粥状動脈硬化が進行すると、血管の壁が弱くなり高い血圧に耐えられなくなり、しだいにふくれ上がるような変形を起こしてコブ(瘤)ができできます。これが大動脈瘤...

尿酸は、体の老廃物の一種で、プリン体から作られます。プリン体は細胞核の中にある遺伝子、DNAなどのプリン塩基を構成している物質で、アデニン、グアニン、イノシンなどがあります。新陳代謝に伴い古い細胞が壊れると、このプリン体が肝臓で代謝されて尿酸が作られます。食品中にも含まれていますが、尿酸の8割は体内のプリン体から作られています。他の老廃物と共に、主として尿から排泄されます。尿酸は、体の老廃物の一種...

心筋梗塞とは、狭くなった冠動脈に血栓が詰まり血液の流れが悪くなることで起こります。血栓が詰まった場所から先には血液が流れなくなるので、酸素が行きわたらなくなり心筋が壊死する病気です。わかりやすく言うと、血管にかさぶたが詰まって血液が流れなくなくなった状態です。心筋梗塞の危険因子としては、喫煙、脂質異常症、糖尿病、高血圧、肥満等が上げられます。前兆や症状急に胸に激痛が走り肩やみぞおち、歯の痛み、息苦...

脳梗塞とは脳血栓症と脳塞栓症の2つの種類がありこれらを総称して脳梗塞とよんでいます。脳梗塞は夜間布団に入ってから起こりやすいと言われています。脳梗塞には発作があると言われておりますが、脳血栓症と脳塞栓症では少し違いがあります。脳血栓症脳血栓では少しずつ血管が詰まり、だいたい1日〜4日間でゆっくりと発作症状があらわれます。症状は、舌のもつれ、吐きけ、手足の軽い麻痺などです。そのまま放置すると意識を失...

脂肪肝は、肝臓で大量の中性脂肪が合成されるために起きますが、その大量の中性脂肪をVLDLとして放出するため、多くの場合、脂質異常症が見らます。肪肝は、肝臓の細胞の中に中性脂肪がたくさん蓄積されて、肝臓がはれた状態です。脂肪肝の原因は、いわゆる食べ過ぎです。例を挙げると脂質のとりすぎ、アルコールの飲みすぎなどが上げられます。中性脂肪は脂っこい食物から体内にとり込まれるだけでなく、ご飯などに含まれる糖...

「慢性腎臓病」は、「腎障害」か「腎機能低下」のいずれか、または両方が、一定の期間以上続く状態ことで、2002年にアメリカで提唱された、新しい病気の概念です。この病気の怖いところは、初期状態では、自覚症状がほとんどなく、気がついたときは、すでに末期腎不全になっていて、人工透析を受けなければならなくなってしまうことです。また、「慢性腎臓病」があると、脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなることも分かってきま...

動脈硬化は3種類に分類されますが、その中でも「アテローム性動脈硬化」はコレステロールとの関連性が最も強い動脈硬化と言われています。アテロームとは、ドイツ語からの由来ではれものという意味があります。血管の内膜と内弾性板が接する部分にコレステロールなどが蓄積することでアテロームができて動脈内が狭くなってしまいます。この「アテローム性動脈硬化」は、脳や心臓などの比較的太い動脈にできやすいという特徴があり...

閉塞性冠動脈硬化症(ASO)とは、脚の動脈が狭くなり酸素や栄養素が十分に行きわたらなくなる事で起こる病気です。最悪の場合脚の末端が壊死を起こす可能性もある。抹消動脈疾患ともいわれる。閉塞性冠動脈硬化症のもっとも一般的な症状は、一定の距離を歩くとふくらはぎが痛み休憩するとまた歩けるようになる間欠性跛行です。歩行時の脚の筋肉は、歩いていない時よりも20倍程度の血液を必要とし、この大量に必要としている歩...

狭心症とは、冠動脈が狭くなることで起こる病気です。狭心症の方が急激な運動を行った時に急に胸が苦しく締め付けられるような症状が出ます。これは心臓が酸欠不足になったからで、冠動脈の狭窄(きょうさく、冠動脈が狭くなること)によって血液流れにくくなり心筋に十分な酸素がいきわたらなくなるためです。また安静時に症状が現れるパターンもある。狭心症の発作は、15分程度で他に動悸、不整脈、呼吸困難、頭痛、嘔吐などが...

頸動脈狭窄症とは、頸動脈が動脈硬化によって狭くなっている状態の病気です。頸動脈とは、頭に血液を送る動脈このことで首の左側と右側にあります。この症状によってもっとも、影響を受けるのは脳です。脳に血液を送っている血管は頸動脈2本と脳底動脈1本です。脳は人間の中でも重要な臓器なので1本が動脈硬化を起こしても他の血管が補える仕組みになっています。しかし、1本でも動脈が狭くなっるということは動脈硬化が進行し...

腎硬化症とは、腎臓の細かい血管がダメージを受け、腎臓の機能が低下する病気です。腎臓には血圧を調整する機能があるため腎臓の血管が動脈硬化になると血圧が上昇します。そして、高血圧になると腎臓に負担がかかるため、ますます血圧が上昇するという悪循環に見舞われてしまいます。自覚症状がなく進行する腎臓の動脈硬化で最も怖いのは、自覚症状があまりないということです。初期の症状は、頭痛や動悸、肩こりなどです。そして...

慢性炎症とは、急性炎症とは異なり非常に弱い炎症ですが治りにくいのが特徴です。原因は、肥満やメタボなどの生活習慣病がが考えられ動脈性疾患、アルツハイマー病などにも深く関連しているとされています。炎症とは夏場に日焼けをすると、ヒリヒリとすることがよくあります。これは、紫外線の影響を受けて肌に炎症が起こっている状態です。また花粉症で目が赤くなったり痒くなるのも炎症反応です。これらが炎症と呼ばれる代表的な...

アセチルCOA(アセチルコエンザイムエー)とは、肝臓で合成されるコレステロールの原料のこと。主に、脂質と糖質が分解されることで生成される。

EPA製剤とは、イサコペント酸エチルと呼ばれる製剤である。イワシや青魚に含まれる、エイコサペンタエン酸と言う不飽和脂肪酸が動脈硬化を抑制することがわかり、その応用で作られた製剤。肝臓で中性脂肪の合成を抑制し、血液中の中性脂肪の分解を促進する。血栓をできにくくするなど、動脈硬化の抑制作用がある。

方向性冠動脈粥腫切除術(DCA)とは、デバイスと言う筒状の器具を使い冠動脈にできたアテロームを霧ととる方法です。360度削り取るわけではなく特定の場所だけ削り取れるのが利点の手術です。

糖化LDLとは、ブドウ糖とLDLが結合したものです。糖化が起こるとLDLの性質が悪くなり動脈を傷つける作用が高まります。糖化したLDLや酸化したLDLをひっくるめて変性LDLと呼ぶ場合もあります。変性LDLは必要なところにコレステロールが配送されるのを邪魔したりします。コレステロールが必要なところへしっかりと配送されないと細胞膜の材料が不足して障害が起こる場合があります。

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top