植物油と動物性脂肪

植物油と動物性脂肪の割合

植物油が動脈硬化予防食品として注目を浴びてきたことは、ご存じのかたも多いでしょう。これは、植物油に含まれる不飽和脂肪酸が血中コレステロール値を下げ、とりすぎなければ善玉のHDLコレステロールをふやす働きがあることによります。

 

善玉のHDLコレステロールは、動脈にへばりついた悪玉のLDLレステロールをとり除いてくれル役割があります。つまり善玉が増えて、悪玉が減少すれば脂質異常症や動脈硬化を始めとした血管系の病気を予防できると言うわけです。

 

一方、動物性脂肪のとりすぎは動脈硬化を進める要因になるので、なるべく摂取量を減らしたほうがいいといわれます。

 

動物性脂肪を多く摂取していると、血液中に善玉コレステロールが増え血管壁に悪玉コレステロールがたまりやすくなるからです。と、ここまでお話ししてくると、多くの人は、『動物性脂肪を摂取しなければいいじゃん!』と、動物性脂肪を目の敵にしがちです。しかし、いくら良いものでも、行きすぎは厳禁です。植物油、特にリノール酸をとりすぎると、確かに悪玉コレステロールも減るのですが、それ以上に善玉コレステロールが減ってしまうというデメリットもあるのです。植物油だけをとっていれば良い訳ではないのです。

 

重要なのは、動物性脂肪と植物油のバランスであって、善玉コレステロールを増やす割合にすることです。では、どのくらいの割合がよいのでしょうか。一般的に植物油2に対し、動物性脂肪1ぐらいの比率でとるのがよいとされています。この比率こそが近年最も主流な考え方で、脂質異常症を予防し長寿につながる一番良い油のとり方と言われています。

 

なお、不飽和脂肪酸が多い植物油としては、紅花油(サフラワ油)、コーン油、菜種油、大豆油、米ぬか油、マーガリンなどがあげられます。ただし、同じ植物油でも、パーム油、ヤシ油、ココナツ油は、飽和脂肪酸が多いため、動物性脂肪と同じに考えなくてはなりません。

 

関連記事

 

なぜ油はバランスよく摂取しないといけないのか?
油脂は摂取エネルギーの25%以下に抑えて、バランスよく摂取すればコレステロールは増えまえん。全く摂取しないのも問題で、極端に取らないと最悪糖尿病になりやすくなります。

 

 

 

三黒の美酢
3黒成分を配合し、少しでも美しく穏やかな生活の助けになればとの思いから生まれた200年の伝統製法「実力派サプリメント」です。感動の黒酢体験で体質を改善しませんか?

 

 

 

 

オリーブオイルの驚きの効果!
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールをふやす大きな特長があります。

 

 

 

短期間でコレステロールを下げる成分
コレステロールを下げる効果のある成分の代表格に食物繊維、DHA、EPAがあります。極短期的にコレステロールを減らしたい方には食物繊維をより多く摂取することで改善が期待出来ます。健康診断マジかのアナタ!いっぺん試してみてはどうですか?

 

 

コレステロールの高い食品
食事療法で高コレステロールを改善するには、原因の一つでもある高コレステロール食品を日頃食べていないか見直しましょう。実は、意外と知られていないのですが「いか」、「たこ」、「貝類」などはそれほど影響のないことが最近の研究で分かって来ました。

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報