中性脂肪にも気を使う必要性

血液中に中性脂肪がふえると善玉のHDLが減ってしまいます

血液中にコレステロールが多くなると、血管壁にたまって動脈硬化が進行しますが、同時に血液中の中性脂肪が多くなるのも問題です。

 

中性脂肪値が高くなると、結果的に動脈硬化を促進させることにつながるからです。

 

というのは、体じゅうに中性脂肪を運ぶ役目をしているリポタンパクは、最終的に悪玉のLDLに変化するうえに、中性脂肪が増加すると、血管の壁にこびりついたコレステロールを引き抜いて肝臓まで運ぶ役目をする善玉のHDLコレステロールを減少させてしまうからです。

 

そして善玉のHDLコレステロールだけ減少してしまうということはほとんどなく、同時に中性脂肪が増加することがよくあります。ですから、中性脂肪値が高いと言われたら、HDLが減少しているのでは疑わなければなりません。

植物の脂肪のほとんどは中性脂肪

中性脂肪は、身近な例で言うと豚肉や牛肉の周りについていたり、ロース肉の白い油の部分にあたります。肉類のみならず植物の脂質のほとんどは中性脂肪です。天ぷら油やサラダ油なんかも中性脂肪です。また、私達の体内で最も多い脂肪は中性脂肪なんです。

中性脂肪を増やさない食生活の見直

こうした中性脂肪の数値が高い原因としては、以下のようなものがあります。

 

食べ過ぎ
運動不足
果物の食べすぎによる果糖のとりすぎ
アルコールの飲みすぎ
油っぽい食事のとりすぎ

 

などです。どうでしょうか?なん項目あてはまりましたか?

 

一つでも当てはまっていて現在中性脂肪が高い方は要注意です。まずは、食事を見直しましょう。そうして、コレステロールと中性脂肪を必要以上にとらないことです。コレステロールが多い食品としては、なんといつても動物性食品、特に牛や豚、鶏などの内臓や脂身、鶏の皮などがあげられます。

 

中性脂肪は、コレステロールと同様に動物性食品からも生成されますが、最大の問題は砂糖やアルコールによってもつくられる点です。このため、甘い菓子類は語るまでもありませんが、果糖をとりすぎないように果物の食べすぎにも注意しましょう。とりすぎが禁物なのはアルコールも同じですが、適量なら、善玉コレステロールを増加させるともいわれています。

 

しかしアルコールはカロリーが高く、肥満や糖尿病の原因にもなりかねませんのでビールなら中びん1本、日本酒なら1合程度にして、週に2日は禁酒日を設けるようにしましょう。よく言われるお酒は適量ってやつです。

 

こうした注意をしたうえで、野菜や豆類、魚介類などを積極的に毎日の食卓へとり入れてください。さらに効果を高めるために、適度の運動が必要です。運動というと、とかくジョギングや水泳などハードなものを思いうかべがちですが、簡単にできるウォーキングなどで十分です。

 

関連記事

短期間でコレステロールを下げる成分
コレステロールを下げる効果のある成分の代表格に食物繊維、DHA、EPAがあります。極短期的にコレステロールを減らしたい方には食物繊維をより多く摂取することで改善が期待出来ます。健康診断マジかのアナタ!いっぺん試してみてはどうですか?

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが正常値ではないのですが全く自覚症状がありません!って方多いんじゃないでしょうか?コレステロールの数値が正常でない事は、脂質異常症と言う病気です。はっきりと病気といえるのです。健康診断で見るべきポイントとは?

 

 

 

運動療法でコレステロール値を改善
コレステロールが高い人を始めとして生活習慣病の人にも運動療法は病気を改善する上で重要なものです。では、その運動には有酸素運動が注目されています!身近にできる有酸素運動とは、どのようなものがあるかを紹介します。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報