コレステロールと動脈硬化

コレステロールと動脈硬化

高コレステロールが大きな原因となる動脈硬化についてをおさらいしておきましょう!厚生労働省の発表によると、わが国における死因のワーストスリーは、

 

  • 1位:ガン
  • 2位:心筋梗塞などの心疾患
  • 3位:脳梗塞や脳出血などの脳血管

 

となっていますいます。特に注目すべきは、血管に関係する病気が2位とと3位を占めていることです。この2つの死因の合計は、ガンをはるかに上回ります。つまり、本当の死因の1位は血管による病気ともいえるのです。

 

こうした心疾患や脳血管疾患などの血管系の病気を引き起こすのが動脈硬化です。心臓から送り出される血液を体じゅうに運ぶ働きをする血管が動脈です。この動脈は、年をとるとともに硬くもろくなってきます。

 

この、劣化を早める原因はいくつかありますが、大きなものとしてあげられるのが高コレステロールと高血圧です。

 

動脈硬化の原因

高血圧の状態が長くつづくと血管の壁が傷つきやすくなります。心臓が強い圧力で血液を押し出し、血管はその強い圧カを絶えず受けるため、もろく弱くなるせいです。

 

そうして傷ついた血管の内側の壁には、血液中の余分なコレステロールがどんどんしみ込み、たまっていきます。その結果、血液の通り道が狭くなつた状態が動脈硬化なのです。

 

動脈硬化が進行していくと、血栓と呼ばれる血のかたまりを作る要因となったり、そうしてできた血栓が引っかかって動脈を詰まらせてしまうケースがあります。すると血液の流れが途絶え、血液によって運ばれる酸素や栄養が供給されずに、その先の臓器が死んでしまいます。脳の動脈が詰まって引き起こされるのが脳梗塞で、心臓への血液の通り道が詰まって起こるのが心筋梗塞です。

 

実は、動脈硬化を引き起こす原因は1つではありません。例えば、脂質異常症、高血圧、糖尿病、肥満、喫煙、ストレス、運動不足、遺伝、加齢などあります。しかし、最大の原因は脂質異常症と言われています。

 

動脈硬化の改善

動脈硬化を改善するためには、日々の生活習慣を改めバランスの取れた食事療法が大前提になります。

 

バランスのとれた食事で6大栄養素(タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミン、糖質、食物繊維)を毎日バランスよく取ることが重要です。また、食事の量にも気をつけましょう。脂質異常症の場合、中性脂肪やコレステロールが異常値になっている場合が多いいので、『コレステロール等の脂質の高い食品だけを取らなければ大丈夫!』と考えておる方もいるのですが、実は違います。

 

それは、コレステロールは体内で生成されるものが80%もあるからなんです。ですから、「コレステロールの高い食品」の摂取を避ける事と同時に「コレステロールを下げる食品」の摂取も大事になるのです。

 

詳しくは⇒コレステロールと食事量の改善

 

関連記事

コレステロールを下げる飲み物
コレステロールを下げる効果のある飲み物として代表的なものに、赤ワイン、お茶、紅茶、青汁、トクホドリンクが上げられます。これらは、これらは飲み物という点では共通ですが、成分が違いますので効き方も異なってきます。

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが高いからといって自覚症状がないのはよく知られていることです。ではコレステロール値ってどこくらいまでならOKなのでしょうか?心筋梗塞や動脈硬化になる前に一度健康診断(血液検査)の結果を見直しましょう!

 

 

 

運動療法でコレステロール値を改善
コレステロールが高い人を始めとして生活習慣病の人にも運動療法は病気を改善する上で重要なものです。では、その運動には有酸素運動が注目されています!身近にできる有酸素運動とは、どのようなものがあるかを紹介します。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP




コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報