高コレステロール保険マンモス

脂質異常症の方の保険について

マンモス保険コレステロール

ファイナンシャルプランナー無料相談

 

高コレステロールの人は保険に入れる?入れない?!

高コレステロールや高中性脂肪のいわゆる、脂質異常症の方の保険の加入についてですが、基本的にはLDLコレステロール値状況がj最大のポイントになります。特に中高以降にに脂質異常症と判断された方で症状が軽く、さらに生活習慣病をはじめとする合併症がないケースですと、生命保険&医療保険に無条件(一部条件付き)で加入できるでしょう。しかし、保険会社によっても査定が異なるため以下の情報を告知しなければならないでしょう。(また家族性高コレステロール血症の方は、保険の加入は難しいと言われています)

 

コレステロール保険告知内容
  • 脂質異常症の治療開始時期
  • 服用している薬
  • 直近の血液検査結果(LDLコレステロール値、HDLコレステロール値、中性脂肪等)
  • 健康診断、血液検査の結果
  • メタボの有無

 

申告内容によっては保険の加入が厳しい場合も有り得ます。しかしそんな状況でも、いくつか選択肢はあります。例えば、限定告知型保険や無選択型保険を選択することも出来ます。しかしあくまでも症状や病気の進行度合いに応じてですので一度無料の保険相談をして、一番よい条件の保険を契約すると良いでしょう。

 

↓FPの保険無料相談できるのは保険マンモス!↓

ファイナンシャルプランナー無料相談

 

脂質異常症だと生命保険加入の条件がつくのはなぜ?

一般的に悪玉コレステロールが高くなると、様々な病気のリスクが高まります。その代表格が動脈硬化です。動脈硬化とは、動脈の壁が厚く硬くなってしまう症状です。いったん動脈硬化になるといろいろな病気を引き起こす原因になります。なかでも脳梗塞や心筋梗塞などと言った生命の危機を脅かす病気を誘発する原因になるのが動脈硬化なのです。

 

動脈硬化と聞けば単純に「血液の病気」といった程度のイメージが一般的かもしれませんが、重大な病気へと発展するのも動脈硬化なのです。前述した以外にも慢性肝臓病(CKD)、足部血行障害、すい炎などの発症とも因果関係が強いとされています。このように脂質異常症は、病気になる確率が高くなることから、保険への加入が厳しくなると言われています。しかし、条件によっては加入できる場合がありますので、まずは一度プロのFPに相談すると良いでしょう。

 

保険マンモス コレステロール

 

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top