しめじが動脈硬化の予防薬

しめじが血栓を予防する

 ケガをして血管が破れると、血小板が集まり血が固まって破れをふさいで出血を止めます。ただし、この血小板凝固作用が行きすぎると血管に血栓が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。
 この血小板凝固集を妨げる力、つまり血が固まることを抑えて血液をサラサラにする力がとても強いきのこがあります。それが、しめじです。
 しいたけにも同様の作用はありますが、しめじのほうが血液が固まるのを防ぐという点ではずっと強い効果があります。生活習慣病の多くは、血液が固まりやすくなることによって起こるため、現在は、固まってしまった血液をとかす作用のある食品や方法に関心が集まっています。
 しかし、固まってしまった血液をとかすより、血液が固まることを防ぐ作用のある食べ物をとるように心がけたほうが、血液の循環をよくし、高血圧や脳卒中、心筋梗塞など血栓性疾患の予防に役立つことが期待できます。

 

 しめじの中のどの成分が血液を固めない作用に関係しているのか、詳しいことはまだわかっていません。しかし、その成分は熱に強いことまではわかっています。普通の調理で加える熱ぐらいでは、その成分は壊れないのです。では、どのくらいの量のしめじを食べるといいのでしょうか?1日に、生のしめじで100g程度の量を摂取することで、十分に血液はサラサラになると考えられています。

 

コレステロールを下げる食事内容のすべて
これで撃退!コレステロール対策商品

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報