レシチンとコレステロール

コレステロールの運搬に欠かせないレシチン

体内の脂肪には、コレステロールと中性脂肪のほかに、もう一つ、リン脂質というのがあります。

 

リン脂質はリンを含む脂肪で、その大部分を占めるのがレシチンです。このレシチンが、近年、動脈硬化を防止する物質として注目を集めています。

 

レシチンは、同じ脂肪でも、コレステロールや中性脂肪とは違って、水と油の中間の性質をしています。つまり、レシチンは水とも油とも相件がよく、そのため体内で両者の仲立ちをしているのです。

 

たとえばコレステロールの運搬についても、このレシチンの性質が大きな役割を果たしています。コレステロールは、タンパク質と結合しリポタンパクという形で血液の中を往来しています。このリポタンパクで、たんぱく質とコレステロールとの接着剤の役割をするのがレシチンです。

 

ですから、コレステロールの回転を速め、動脈壁などにため込まないためには、ぜひともレシチンが必要になります。こうした仲介役と同時に、レシチンは、細胞の膜を構成する成分でもあります。ですから、動脈硬化などで障害された細胞を再生するためにもレシチンは重要であると言われているのです。

 

また、レシチンは膜の強度を高めてくれるので、細胞が障害されにくくなり、動脈硬化が起こりにくくなります。

 

余分なコレステロールを回収

レシチンには、コレステロールの回収と排泄を促進する作用があります。コレステロールを動脈から引き揚げる、いわばレッカー車の役割をするリポタンパクが善玉のHDLです。このとき運ばれるコレステロールは、脂肪酸と手をつないだエステル型というタイプです。単独で存在する遊離型というタイプでは、一度エステル型になる必要があります。

 

レシチンには、その中に脂肪酸を含んでいてて、そこにはたいてい不飽和脂肪酸が入っています。レシチンがリポタンパクとコレステロールの接着剤の役割をするとき、この不飽和脂肪酸がコレステロールをエステル型に変えてくれます。そのおかげで、HDLはエステル型コレステロールを積んだ善玉レッカー車になることができ、肝臓に引き揚げられてくるのです。

 

まとめるとレシチンはHDLの働きを助け、余分なコレステロールをどんどん動脈壁から肝臓に運び去ってくれる役割をしています。

 

HDLによって肝臓に運び込まれたコレステロールは、肝細胞を経て胆汁酸として胆汁の中に排出されます。ここでもレシチンが有効な働きをします。レシチンに含まれる不飽和脂肪酸が、肝細胞の胆汁酸排出力を高めてくれるわけです。

 

こうして、余分なコレステロールが血中からとり除かれ、どんどん排泄されるため、結果として動脈壁に付着するコレステロールが少なくなります。

 

血管にコレステロールが沈着するのを減らすレシチン

また、見のがせないのが、水と油の仲立ちをするレシチンの性質です。これは洗剤と同じように、血管壁に沈着したコレステロールを血液にとかすことになるため、やはりコレステロールの沈着を減少させることになります。

 

動脈の壁そのものを丈夫にする作用、コレステロールの排泄を促す作用などによって、レシチンは動脈硬化を防止すると考えられます。これまでにも、経験的にレシチンを多くとる人は動脈硬化になりにくいことがわかっていました。

 

そして、それを裏づけるように、近年ドイツでレシチンを直接血液の中に投与したところ、コレステロールが減少したという報告がなされ、動脈硬化の防止に効果があることが判明したのです。

 

こうしたレシチンの効果を得るには、1日近くの摂取が必要と考えられています。なお、レシチンは、体の中で分解されてリゾレシチンという物質を生じ、これが体にとって悪役として働く可能性がありますが、動脈硬化だけでなく、高血圧を下げる効果や血栓の予防効果なども期待されるので、卵や大豆、魚など多く含まれる食品から十分補給すべきです。

 

レシチンを多く含む食品は、卵黄、大豆製品、穀類、ごま油、コーン油、レバー、うなぎなどが代表的なものです。商品などでの摂取がむずかいい場合は、サプリメントもあります。一般的に普及しいるサプリメントは、ネイチャーメイド 大豆レシチンという商品です。

 

アマゾン購入先⇒ネイチャ-メイド 大豆レシチン

 

関連サイト

短期間でコレステロールを下げる成分
コレステロールを下げる効果のある成分の代表格に食物繊維、DHA、EPAがあります。極短期的にコレステロールを減らしたい方には食物繊維をより多く摂取することで改善が期待出来ます。健康診断マジかのアナタ!いっぺん試してみてはどうですか?

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが正常値ではないのですが全く自覚症状がありません!って方多いんじゃないでしょうか?コレステロールの数値が正常でない事は、脂質異常症と言う病気です。はっきりと病気といえるのです。健康診断で見るべきポイントとは?

 

 

 

運動療法でコレステロール値を改善
コレステロールが高い人を始めとして生活習慣病の人にも運動療法は病気を改善する上で重要なものです。では、その運動には有酸素運動が注目されています!身近にできる有酸素運動とは、どのようなものがあるかを紹介します。

 

 

 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報