赤ワインの効能

赤ワインはコレステロール低下に効果あり!

フォアグラ代表する各種肉類、バター、生クリーム、チーズなどといったように、フランス料理には動物性脂肪が非常に多く含まれた材料が使われています。

 

こうしたフランス料理を中心にした食生活を送れば、当然コレステロール値は上がり動脈硬化につながります。また狭心症や心筋梗塞などの心臓病が起きやすくなります。普通に予測すればフランスは、高コレステロールを始めとする心臓病が多いかと予測出来ますが、意外なことにフランスにおける心臓病の死亡率は、欧米諸国の中でも低いのです。

 

なぜ?

 

という疑問があると思うのですが、この矛盾を解き明かす一つの鍵が赤ワインなのです。

 

動脈硬化は、悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化された酸化LDLが引き起こします。そこで動脈硬化を予防するには、活性酸素によるLDLの酸化を防がなければなりません。

 

この役割を果たしているのが、実は赤ワインだったのです。赤ワインには活性酸素の害を抑えるポリフエノールという物質が豊富に含まれています。

 

ぶどうの皮の色素成分であるアントシアニンもポリフエノールの一つですが、赤ワインはぶどうをまるごと使って醸造するため、赤い色のもとであるこのアントシアニンが豊富です。そのほか、力テキンやフラボノイドなど多くのポリフエノールが豊富に含まれいて、赤ワインは別名ポリフェノールの宝庫とも呼ばれています。

 

実際に赤ワインにはLDLの酸化を抑える効果があることがわかっています。

 

赤ワインの摂取量(一日目安)

では、赤ワインはどのくらいの量を摂取すればいいのでしょうか?

 

個人差はありますが、毎晩夕食にグラスワイン1−2杯が目安の量です。

 

赤ワインを常飲すれば、活性酸素によるLDLの酸化防止、心臓病、動脈硬化、脳卒中の予防にも効果的です。
しかし、あくまでも赤ワインはお酒ですの飲み過ぎには注意しましょう。

 

人気商品>>安くておいしい赤ワインはコチラ

 

アマゾンで格安購入>>アマゾン公式HP

楽天で格安購入     >>楽天公式HP    

 

関連記事

コレステロールを下げる飲み物

コレステロールを下げる効果のある飲み物として代表的なものに、赤ワイン、お茶、紅茶、青汁、トクホドリンクが上げられます。これらは、これらは飲み物という点では共通ですが、成分が違いますので効き方も異なってきます。

 

 

コレステロールを下げるお茶

お茶(緑茶)にはカテキンと呼ばれる成分が多く含まれています。そのカテキンという成分が私達の体にとってすばらしい効果を発揮します。

 

 

 

適度の飲酒はコレステロールを下げる

善玉コレステロールを増やす方法の一つに、適度な飲酒という方法があります。意外かもしれませんが、適度のアルコール摂取が効果を発揮します。また、お酒の種類によっても効果は変わり特に焼酎は血栓を溶かす作用があります。

 

 

 

紅茶の効能

紅茶の抗酸化作用は、力テキンやテアフラビンなどの物質によるものです。特にテアフラビンの抗酸化力は非常に強力で別名スーパーカテキンとも呼ばれています。そして好都合なことにテアフラビンは、悪玉コレステロールだけを低下させることがわかっています。

 

 

 

コレステロールを下げる食材

実は、コレステロールを下げるための有効成分は数十種類以上わかっています。後は、その有効成分が入っている食材を摂取することでコレステロールを抑えることができます。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報