メタボ治す方法

メタボを治す方法記事一覧

メタボとは一言で言うと、肥満の影響によって様々な病気を引き起こす可能性のある状態を言います。具体的には、肥満(内臓脂肪型肥満)に高血糖、高血圧、糖尿病のどれか2つ以上を加えた状態のことをメタボリックシンドロームとよんでいます。メタボにおいて重要な考え方なのですが、脂肪とは皮下ではなく内臓の周りについた内臓脂肪のことを指します。内臓脂肪が増えると血液中に糖を送り込む糖代謝やホルモンの働きに影響を与え...

内臓脂肪が多いのか少ないかを見るには目視で行います。しかし、全て目視というわけではなく”へその位置”でウエストサイズを測定します。この段階では、男性で85cm以上、女性で90cm以上を内臓脂肪型肥満と判断されます。この内臓脂肪型肥満の状態で、中性脂肪値、HDLコレステロール値、血圧、空腹時の血糖値の項目において2項目以上範囲を外れた場合メタボリックシンドロームと診断されます。以下の表を参考にしてく...

私達が生活して行く上で過剰なエネルギー摂取は脂肪として貯蓄されます。そしてその脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪に大別されていきます。内臓脂肪とは運動すると一番最初に燃焼され、食べ過ぎるとまず溜まるのが内臓脂肪です。内臓脂肪というのは、内臓周囲に付着する脂肪で腸を支えている腸間膜などに付着している脂肪のことです。同じ腹腔内であっても、腎臓や膀胱の周囲の脂肪は下大静脈に注ぐため、影響は少ないので内臓脂肪には含...

我が国のメ夕ポの診断では、内臓脂肪の量を簡単に判定する方法として腹囲の測定を使用しています。内臓脂肪面積が100cm2を超えると心血管疾患のリスクが増大することが疫学的に解明されています。一方、欧米諸国の基準では、男性102cm2、女性は88cm2と日本の基準とは異なり男女が逆転しています。この基準値はBMIが30以上か30未満であってもウェスト、ヒップ比が高値である人を拾ってくる基準となっていま...

メ夕ポ診断基準ができたのは、2005年4月ですから、それ以前は腹囲の測定が行われていないのでBMIで代用するなど、現在の診断基準をそのまま適応したものではありません。しかし同じ生活習慣病の糖尿病はこの50年間で30倍以上増えました。突然、遺伝子が変わったわけではありませんから、増えた原因は食生活や運動量などの生活習慣の変化によるものと考えられています。近年日本人の食生活で一番変わったのは、動物性脂...

あなたの回りにはこんな人はいませんか?「食べても食べても太らない人がいる一方であまり食べなくても太ってしまう人」実はこれ基礎代謝の違いによるところが大きな要因です。基礎代謝とは、何もしないでも消費するエネルギーのことで、基礎代謝の約40%は筋肉で消費すると言われています。筋肉量の少ない人は消費カロリーが少なく、太りやすくなります。加齢とともに太る「中年太り」は、この筋肉量が減ってくるためです。人間...

メタボではどうして動脈硬化が促進されるのか、LDLコレステロールが酸化を受けた酸化したコレステロールが超悪玉コレステロールといわれるゆえんは、血管壁の中にどんどん取り込まれてしまうからです。(動脈硬化の症状はなかなか気がつかない)人間の体内でも酸化現象が常に起きています。癌やしみ、しわなどの老化現象の原因でもあります。白内障も紫外線によって水晶体が酸化したものです。LDLコレステロールは、体内に活...

内臓脂肪が増えると、血糖を下げるホルモンであるインスリンの働きを悪くするホルモンが内臓脂肪自身から多く分泌されるようになります。このため、メタボは糖尿病に大きく関係します。また、内臓脂肪が増えると皮下脂肪でつくられるアディポネクチンというインスリンの働きを良くするホルモンの産生も減ります。このようにして、インスリンの働きが二重に悪くなることで、すい臓でのインスリン分泌を多く行い血糖値を下げようとし...

糖尿病の慢性合併症としては、比較的大きな血管が障害を受ける、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、小さな毛細血管がやられて起きる網膜症、腎症、神経障害があります。糖尿病で動脈硬化が進む理由は、LDLコレステロールが糖化され変性してしまうこともありますが、糖尿病患者は耐糖能正常者に較べ、高LDLコレステロール血症のみならず、インスリンの作用不足に起因する低HDLコレステロール血症や高中性脂肪血症等の脂...

糖尿病において合併症を引き起こす例は、治療を放置したり中断したりするケースが多く見られます。あたり前のことですが診察を定期的に受けることが重要です。糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です。特に糖尿病の中で重要とされる項目に血糖値とヘモグロビンA1cがあります。これらをしっかりコントロールしていくことが重要になってきます。(ヘモグロビンA1cのコントロール)食事療法と運動のポイント1200kca...

高血圧も心筋梗塞、脳卒中の原因になります。高血圧には「2分の1の法則」というものがあります。自分が高血圧だとわかっている人が半分、そのうち治療を受けている人が半分、さらにその中で血圧コントロールの良好な人が半分という法則です。つまり、高血圧の方の約12%が満足のいく状況になっていないということになります。メタポは内臓脂肪型肥満に血糖、脂質、血圧のうち2つ以上の異常を伴ったものですが、どれを伴うこと...

尿酸は7mg/dl未満だと血液に溶けると言われていますが、それ以上になると溶けきれず結晶となり、関節や腎臓に沈着します。つまり飽和状態になり、ある程度以上で溶けないで白く濁ります。同じく体内でも足先や、耳たぶなどの、温度の低くなる所に尿酸が溜まりやすくなります。このようにして関節に溜まった尿酸は、壁にこびりつきます。運動や、尿酸値の変動などで、?がれおちて関節の中に入ると白血球が貪食して炎症が起こ...

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top