脂質異常症の薬

薬物療法は多くの薬を服用する場合がある

薬物療法では、コレステロール値と中性脂肪値の両方が高いと、いくつかの薬を同時に服用することがあります。合併症がある場合は、脂質異常症の薬に加えてさらにさまざまな薬を飲むことになります。このため患者さんは、多くの薬を飲むことに不安を覚えることもあるでしょう。

 

そこで、医師から薬物療法を指示されたときは、次の点について医師に確認しましょう。

 

服用する薬はどんな薬なのか?
何の目的で服用するのか?

どの脂質値が高いために飲むか、などといった内容面に関すること。

どの程度まで脂質値を下げる必要があるのか?

医師は患者さんごとに脂質の目標値を設定し、それを達成し維持するという治療方針を決めるので、それについて説明を受けましょう。

副作用に関する事

 

以上の4項目以外に、薬について心配や不安があれば、医師に説明を求めたり、ささいなことでもわからないことがあれば積極的に質問したりしましょう。患者さん自身が薬物療法に前向きにとり組むために、服用する薬について正確な知識を身につけ、十分に納得しておくことが大切です。

 

医師の問診には的確に答える

薬物療法を開始する前の問診では、医師に病歴や現在かかっている病気を必ずくわしく報告しておきましょう。そのためには、診察前に腎臓病やアレルギー体質はないかどうか、以前に肝臓を悪くしたことはないかなどといったことを自分自身でチェックしておくことも大切です。

 

通販でも購入できる薬⇒リピトール(Lipitor)

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


脂質異常症の薬物療法は医師と十分に相談する関連ページ

脂質異常症の治療は食事療法がメイン
脂質異常症の食事療法と運動療法を並行しておこうなうことが基本です。薬物療法はあくまでも補助的な方法と捉えましょう。薬物両方を行う上で患者が注意しなければならないポイントをまとめました。
脂質異常症治療薬と副作用について
脂質異常症治療を改善するために治療薬を使用した場合、どの薬でもそうですが副作用が現れる場合があります。しかし、脂質異常症治療薬は一般的に安全な薬です副作用があってもそれほど重大な副作用は現れないと言われています。このページでは副作用について取り上げています。
脂質異常症治療薬と合併症について
合併症の薬を服用している人は組み合わせによって思わぬ副作用が出る可能性もあるので必ず医師の指示の下服用するようにしましょう。糖尿病などの薬は比較的問題となる副作用が生じないと言われていますが、自身の健康のため医師の確認が重要です。
コレステロールを下げる薬
コレステロールを下げる薬は、大きく3種類に分けられます。最も使用されているのがHMG-CoA還元酵素阻害剤という薬です。それぞれ特徴や副作用が違うので自分にあった薬を選ぶ必要があります。
コレステロールを下げる特殊治療
食事療法や運動療法ではなく、コレステロールを下げる方法にLDLアフェレーシスと呼ばれるものがあります。もちろん薬物療法でもない方法なのですが、根本的な解決に至る方法ではありません。あくまでも客物療法と同時に行うことが原則になっています。
他の薬が脂質異常症を招く
他の薬が脂質異常症を招くこともあるので注意が必要です。ココではそのような薬について解説しています。

コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報