脂質異常症と治療

食事療法と運動療法を並行する

最近の脂質異常症の薬は非常に効きめがよくなっています。しかし、薬があるから大丈夫とばかりに、食生活など生活面での改善をおろそかにしてはいけません。薬物療法は、あくまで補助的な方法です。治療の基本である食事療法や運動療法などをしっかり実行しながら服用することで、初めて十分な効果を発揮してくれます。

 

特に注意しなければならないのは、脂質異常症に糖尿病や高血圧を合併している場合です。この3つの病気の根底に共通するのは食ベすぎや運動不足です。このため脂質異常症は薬で改善できたとしても、食事療法や運薬物療法をやめてしまうと糖尿病や高血圧が悪化しかねません。脂質異常症の治療目的は動脈硬化を促進させないことですので動脈硬化の危険因子である糖尿病や高血圧が悪化したのでは治療の目的自体が揺らいでしまいます。

 

飲酒には注意が必要

アルコールの飲みすぎは、脂質異常症の原因のひとつです。脂質異常症の薬を飲んでいるからといって、かってに好きなだけお酒を飲めるわけではありません。薬物療法を始めても、やはり節酒を心がけることです。

 

自分かってに服薬を中断してない

薬物療法を始めるとき、医師は事前に患者さんの病状に応じた治療方針を立て、最も適切と考えられる薬を選択し処方します。また、その薬の服用時間や服用回数、1回に飲む量などを患者さんに細かく指示してくれます。

 

医師を信頼して、薬は指示どおりに服用する事が最も大切です。薬物療法で脂質値が下がったといっても、それで脂質異常症が治ったわけではありません。患者さんがかってに薬の量を減らしたり、服用をやめたりすると、薬でコントロールされていた脂質値がハネ上がることもあります。

 

ましてや脂質値が改善していない状態でかってに服用を中止すると、動脈硬化が進行して、心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性もありますので必ず医師の指示の下服用するようにしましょう。

 

通販でも購入できる薬⇒リピトール(Lipitor)

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


脂質異常症の治療はあくまでも食事療法がメインです関連ページ

薬物療法は医師と十分に相談する
薬物療法では、コレステロール値と中性脂肪値の両方が高いと、いくつかの薬を同時に服用することがあります。合併症がある場合は、脂質異常症の薬に加えてさらにさまざまな薬を飲むことになります。
脂質異常症治療薬と副作用について
脂質異常症治療を改善するために治療薬を使用した場合、どの薬でもそうですが副作用が現れる場合があります。しかし、脂質異常症治療薬は一般的に安全な薬です副作用があってもそれほど重大な副作用は現れないと言われています。このページでは副作用について取り上げています。
脂質異常症治療薬と合併症について
合併症の薬を服用している人は組み合わせによって思わぬ副作用が出る可能性もあるので必ず医師の指示の下服用するようにしましょう。糖尿病などの薬は比較的問題となる副作用が生じないと言われていますが、自身の健康のため医師の確認が重要です。
コレステロールを下げる薬
コレステロールを下げる薬は、大きく3種類に分けられます。最も使用されているのがHMG-CoA還元酵素阻害剤という薬です。それぞれ特徴や副作用が違うので自分にあった薬を選ぶ必要があります。
コレステロールを下げる特殊治療
食事療法や運動療法ではなく、コレステロールを下げる方法にLDLアフェレーシスと呼ばれるものがあります。もちろん薬物療法でもない方法なのですが、根本的な解決に至る方法ではありません。あくまでも客物療法と同時に行うことが原則になっています。
他の薬が脂質異常症を招く
他の薬が脂質異常症を招くこともあるので注意が必要です。ココではそのような薬について解説しています。

コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報