コレステロールと血栓

血栓とは

血栓とは、血管内の血液が固まる現象で主に血管壁が傷害される事で起こる、わかりやすく言うと血管を流れる血液が固まってできる、かさぶたのようなものです。また、それが血管に詰まってしまう状態を指します。

 

血液に不純物が増えた場合、血管内の血液の流れ道が細くなったりを塞いだりする場合があります。この原因は高コレステロールや老廃物などが代表格としてあげられます。

 

体内の老廃物と言われるものは血液流れ腎臓で分けられ尿や汗として排出されますが、必要以上に溜まった老廃物が血管を詰まらせるケースもあります。そして、高コレステロールも同様に血管に付着し、血管を詰まらせるというケースがあります。そしてその原因は、食生活や過食などが原因と言われ言います。

 

血栓と病気

高コレステロールや高血圧が原因で動脈硬化を起こした血管は、管が狭くなり詰まりやすくなっています。そんな血管に血栓が出来てしまうと、血液がスムーズに流れなくなり、脳梗塞や、心筋梗塞といった、生命の危機をもたらす大病に発展してしまいます。
そもそも血栓とは悪いものではありません。血栓は、血液中の血小板という成分が凝集(=集まり固まる)してできますが、この作用のおかげで、傷などで出血しても大量の血を失わずにすみますし、破れてしまった血管なども補修されるのです。

 

一方、人間の体には、不要な血栓などをとかすプラスミンという酵素が存在し、血液の循環をスムーズにしています。このプラスミンをつくるのがTPAと呼ばれる酵素です。TPAは、血管の内皮細胞(血管内壁の表面の細胞)でつくられていますが、動脈硬化などで血管が弱ってしまうと、つくられるTPAの量が減って血栓をとかしきれなくなります。

 

そういった中で、動脈硬化が起こると血管自体も弱って傷つきやすくなり、その傷を治そうとする力が働いて結果的に血が固まりやすくなります。このように、動脈硬化による重作用で血栓ができやすくなるのです。

血栓の原因

つまり、高コレステロールや高血圧で血管が痛むと言うことは、血栓が出来やすい環境になってしまっているということです。このように、動脈硬化は血管の内側を狭くすると同時に、血栓をできやすくして血液の通り道をふさぎ、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの原因となるのです。

 

血栓を予防するには、、血液サラサラ成分であるDHAやEPAを摂取することが予防に効果的とされています。DHAやEPAは、体内で合成できない『不飽和脂肪酸』で、健康維持にはたいへん重要な成分です。

 

関連ページ

EPAでコレステロール減!血栓を予防する

いわしなど魚の油には、DHAやEPAという多価不飽和脂肪酸が多く含まれています。この2つの脂肪酸は、基本的には同様の働きを持つ脂肪酸で血小板の凝集を抑えて血液を固まりにくくし、コレステロールを下げる働きがあります。

 

 

 

運動療法でコレステロール値を改善
コレステロールが高い人を始めとして生活習慣病の人にも運動療法は病気を改善する上で重要なものです。では、その運動には有酸素運動が注目されています!身近にできる有酸素運動とは、どのようなものがあるかを紹介します。

 

 

 

コレステロールを下げる飲み物
コレステロールを下げる効果のある飲み物として代表的なものに、赤ワイン、お茶、紅茶、青汁、トクホドリンクが上げられます。これらは、これらは飲み物という点では共通ですが、成分が違いますので効き方も異なってきます。

 

 

コレステロール値ってどこまで大丈夫?
コレステロールが高いからといって自覚症状がないのはよく知られていることです。ではコレステロール値ってどこくらいまでならOKなのでしょうか?心筋梗塞や動脈硬化になる前に一度健康診断(血液検査)の結果を見直しましょう!

 

 

 

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報