豆腐料理は低カロリー

豆腐と魚の組み合わせでコレステロールを下げる!

豆腐に魚を組み合わせて食べるとコレステロール低下作用がいっそう高まります。大豆には、コレステロール低下作用のある脂質やタンパク質が豊富に含まれています。肉や卵などの動物性タンパク質とともにバランス良く摂取したいものです。タンパク質の理想的な摂取は、一般成人では、動物性1に対して植物性を2くらいの割合で摂取するのが良いとされています。

 

さて、こうした大豆のコレステロール低下作用をより有効に生かす食事法の一つとして、豆腐と魚の組み合わせがあります。豆腐は絹ごし豆腐より木綿豆腐のほうがおすすめです。木綿のほうが脂肪を多く含むので、タンパク質ばかりでなく、リノール酸レシチンなど脂質の効果も期待できるからです。

 

一方、魚の油にはEPA/DHAいう不飽和脂肪酸が含まれています。この2つの不飽和脂肪酸には、血液をサラサラと流れやすくさせると同時に、コレステロール値を低下させる作用があります。そしてもう一つ、忘れてはならないのが魚肉に含まれるタウリンという成分で、これにもコレステロール値を低下させる働きがあります。

 

ですから、豆腐と魚を組み合わせて食べれば、大豆と魚の栄養成分によるコレステロール低下が相乗的に強化されるというわけです。豆腐と魚は冬ならば、「たらちり」や「たいちり」などのなベ物で摂取するとよいでしょう。またマグロやさばを豆腐と合わせて煮物にしてもよいでしょう。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top