コレステロール下げる食品選び

魚介類でコレステロールを下げるときはT/Cに注目

魚介類に多く含まれるタウリンという成分には、血中コレステロールを下げる働きがあります。しかし、タウリンを含む魚介類がすべてコレステロールを低下させると言う訳ではありません。これはタウリンを含むその食品自体にそれを上回るコレステロールが含まれている場合があるからです。
ここで問題になるのがT/C比(タウリン/)の問題です。つまり、タウリンとコレステロールとの割合です。多くの実験や研究の結果から、タウリンの含有量がコレステロールの2倍以上、つまりT/C比が2以上の食品なら、コレステロール低下作用があると考えられます。

 

あじ、さばなどの魚はいずれもT/C比が2以上の代表格です。しかし、刺身のめばちまぐろだけは赤身、中とろともに、あまりT/C比が良くない製品でもあります。おもしろいのはぶりとかつおで、身をきれいに残さず食べた場合のT/G比はそれぞれお、3.9と3.0ですが、血合い肉を食べ残すと、0.4と0.1に落ちてしまうことです。

 

血合いがあるような大きな魚では、血合いも一緒に食べなければ、タウリンの効果は失われてしまうわけです。コレステロールは、一般的には悪いものだという認識が強いようですが、適量のコレステロールを摂取することは人間にとって必要です。

 

重要なのは、魚介類などのタウリンが豊富なコレステロールを下げる食品をバランスよく摂取することです。あじ、さばなどの新鮮な魚介類をできれば毎日、食卓に上らせ生活習慣病の予防や改善に役立てたいものです。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top