タウリンを食事で効率的に取る方法

コレステロールを下げるタウリンを上手に摂取する調理法

コレステロール値を低下させる有効成分の一つであるタウリンは含硫アミノ酸の一種です。アミノ酸といってもタンパク質を構成するものではありません。タンパク質である魚肉そのものではなく、いわゆるエキスの中に遊離しているアミノ酸なのです。このためタウリンを効率的に摂取するためには、できるだけこのエキスを逃さないで調理することが、重要です。

 

タウリンを効率的に摂取するには刺し身などのように生で食べるのが一番ですが、注意が必要なのは加熱調理する場合です。加熱処理するとエキスが流出してしまいがちだからです。煮る、焼く、揚げるでいえば、パン粉や小麦粉で覆うフライやムニエル、それに焼き魚などは、エキスを逃がさないでタウリンを摂取する有効な料理法です。

 

煮魚や鍋物などにする場合は、煮汁をよく煮立ててから入れるのがコツです。このようにして急激に加熱すると身の表面が縮まって、エキスの流出を抑えてくれるからです。ただし、あまり長い間煮てしまっては、エキスは汁にとけ出してしまうので注意が必要です。

 

冷凍魚を料理に使う場合は、解凍の仕方にもコツがあります。タウリンは水にとけやすい性質があるので、いきなり解凍しては、解け出した出した水分と一緒にタウリンも流出してしまいます。夕食で使うなら、朝のうちに冷凍庫から冷蔵庫に移し、水分が出ないようにゆっくり解凍すると良いでしょう。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top