メタボリックシンドロームとサプリメント

サプリメントはどんな時に取ると良いか?

サプリメントを利用してメタボリックシンドロームを改善したいと考えている人はたくさんいます。そもそもメタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が多い状態の事をいいます。メタボリックシンドロームになると動脈硬化や高血圧などになる可能性が高まります。動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞などの生命の危機を脅かす病気が起こる可能性が高くなるため非常に危険です。

 

メタボの改善には第一に何と言っても、生活習慣や食習慣の改善です。その次に運動を定期的に行うことです。サプリメントは、普段の食事で摂取できない栄養を補うために使用するとよいでしょう。ではどんなサプリを選べばいいかというと、L-カルニチンを摂取できるサプリメントは、メタボの症状を改善する作用があるといわれ人気です。

 

体脂肪を効率的に燃焼させるためには、コエンザイムQ10が良いと言われていて、ダイエット時によく利用される成分でもあります。糖質をコントロールすることができるビール酵母も、メタボ対策に効果的と言われています。特に甘いもをよく食べる人は、摂取すると効果が出るかもしれません。脂肪と結びついて排出する作用のあるシルクフィブロインもメタボリック予防効果のある成分です。メタボが気になる高血圧の人は、メタボの改善にシルクフィブロインが向いています。

 

これらのようなサプリメントがありますが、メタボリック対策にはあくまでも食生活を第一に考え、あくめでもサプリメントは補助的な意味で取るとよいでしょう。

 

メタボリックにはサプリメントと生活習慣の改善を同時に!

サプリメントでだけでメタボリックシンドローム対策を試みようとする人がいます。しかし、サプリだけではなく、食生活を始めとした生活習慣も変えることが最も重要な事です。

 

メタボに効くと言われているサプリメントの種類は豊富ですが、配合されている成分もサプリメントの種類も様々なものがあります。サプリメントだけに頼らないことが重要です。サプリメントだけを摂取していいてもメタボリックを改善することはできません。

 

サプリによって摂取した栄養の効果をより発揮させるためには、健康を損なわない程度の運動をして、過剰なエネルギー摂取やめることにあります。特にお酒の量と回数を減らし、肉類や油もののような高カロリー食を控えることで、カロリー制限ができます。また、鮮度のいい魚や野菜に食事内容をシフトしていくのも効果的です。日々の消費カロリーを高めるには散歩やその場足踏み運動踏み台昇降運動などが効果的です。

 

運動と食生活のバランスを取りながらサプリメントを効率的に摂取することで、メタボを改善をすることができます。また定期的に検診を受け、自分の体を管理することも重要です面倒ですが半年に1階は血液検査くらいは受信したいところです。基本的にメタボは、日ごろの食生活や運動量を改善することで解消することが出来ます。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top