中性脂肪フルーツ

とリすぎた糖分は中性脂肪に変わる

食事の後にデザートを食べたり、仕事の休憩時間に甘いものを食べたりするのは、生活を豊かにするための要素として大切な面があります。 しかし、エネルギーとして使われなかった糖質は肝臓で中性脂肪に作り変えられ、1日の適正エネルギーー量を超えるほど糖質をとりすぎる状態が続くことは、血中の中性脂肪値を上げ、肥満や脂肪肝などの原因になってしまいます。 また、血中の中性脂肪が増えることにより、HDLコレステロールが減少します。また、LDLコレステロールは動脈硬化を強く促進する小型LDLになってしまいます。デザートは別腹ではなく、あくまで献立の中の1品としてとらえ、1日の適正エネルギー量の範囲内でバランスをみながらとるようにしましょう。

手作りデザー卜でエネルギーダウン

市販のお菓子には、味をよくするために脂肪分やコレステロールが多く含まれている生クリーやバターをふんだんに使ったものがたくさんあります。砂糖などもたくさん使われている場合があります。その点、手作りデザートはどんな材料をどれだけ使用しているか把握できているのでエネルギーを調節できるほか、コレステロールを多く含む材料を別の材料に置き換えることもできます。 例えば、生クリームをヨーグルトに、パターをマーガリンに変えるようなことが出来ます。もちろん砂糖の量を調節することもできます。焼き菓子などは専用の道具などが必要になったり、作るのが難しかったりする場合もありますが、ゼリーや寒天よせなどであれば、比較的手輊につくることができます。

洋菓子よりも和菓子!

洋菓子にはバターや卵、生クリームなどが使われていますが、これらの食材にはコレステロールが多く含まれています。一方の和菓子は、あんやもち米など、糖質は多いもののコレステロールなどはあまり多く含まない食材でつくられています。また、和菓子は小豆や、えんどう豆、いんげん豆などの豆類もよく使いますので、食物繊維も比較的多く含まれています。 このため、同じ甘いものを食べるなら洋菓子より和菓子を選んだほうが血中のコレステロール値を抑えるには有効です。しかし、和菓子も糖質が多い食品ですので、エネルギーがそれほど低いわけではありません。食べすぎてしまっては、結局中性胞肪を増やす結果になります。 洋菓子、和菓子いずれを食べるにせよ、エネルギーが過剰にならないように注意が必要です。また、デザートをたくさん食べたいからといって食事を大幅に減らしてしまうと必要なビタミンやミネラルなどの栄養素もとれなくなってしまうので推奨できません。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top