更年期にコレステロール上昇

更年期にコレステロール上昇する場合がある

更年期に差し掛かると女性は、コレステロール値が上がりやすくなる傾向があります。更年期とは一般的に、40代後半から50代前半にかけての、閉経して数年の時期のことを指します。この時期は、女性ホルモンの分泌が変化するため、いわゆる更年期障害と呼ばれるさまざまな変調や不快症状を起こします。それと同時に体内の脂質の代謝も変化し、高コレステロール血症を起こしやすくなるのです。

 

原因はエス卜ロゲンにあり

実はその原因にはエストロゲンという女性ホルモンの減少が関わっているとされていますます。エストロゲンは、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールをふやし血液の流れを改善する働きがあります。ところが、エストロゲンじは更年期を境に減少してしまいますので悪玉コレステロールは増えやすくなり善玉コレステロールが減り始めるとされているのです。

 

実際、男女の年齢別のコレステロール値の変化を見てみると、閉経以前の女性は男性よりも低いのですが、更年期を迎える頃には男女差の差は殆どなくなり、閉経以降には、総コレステロール値も中性脂肪も男性よりも高めになります。

 

そして、動脈硬化の進行具合は70歳前後で男性を追い越してしまうのです。こうしたことも原因になって女性の狭心病や心筋梗塞の発生割合は男性が加齢とともに徐々に増えるのに対して女性は更年期以降急激に増えるのです。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top