コレステロールを下げるレシピのミソ!

炒め物は調理用具を選び、強火で調理します

基本的なことですが、コレステロールを多く含む食品はカロリーも高いものです。そこで、高いコレステロール値を改善するには、まずこのような食品を控えることです。

 

代表格の食品としては、牛や豚のロース肉、脂身、バター等はカロリーがとても高い食品ですので程々にすることを頭の隅に入れておきましょう。しかし、極端に油断ちするわけにもいかないので、炒め物や楊げ物をするときに摂取カロリーが過剰にならないように調理法を工夫して、できる限り油脂分が少なくなるようにします。

 

まず、使用する油は、必ず植物性のものにしましょう。炒め物の場合は、鍋(フライパン)を事前に十分に熱し、油を控えめに入れてよくなじませ、材料を入れてからは終始強火で炒めるのがポイントです。また、同じ材料を炒めるにしても、油慣れしていない鍋よりは油慣れした鍋、もっと言えばフッ素樹脂加工の鍋のほうが、油の使用量は少なくてすみます。

 

揚げ物のコツは吸油量を減らすこと

基本的なことですが、コレステロールを多く含む食品はカロリーも高いものです。そこで、高いコレステロール値を改善するには、まずこのような食品を控えることです。

 

代表格の食品としては、牛や豚のロース肉、脂身、バター等はカロリーがとても高い食品ですので程々にすることを頭の隅に入れておきましょう。しかし、極端に油断ちするわけにもいかないので、炒め物や楊げ物をするときに摂取カロリーが過剰にならないように調理法を工夫して、できる限り油脂分が少なくなるようにします。

 

まず、使用する油は、必ず植物性のものにしましょう。炒め物の場合は、鍋(フライパン)を事前に十分に熱し、油を控えめに入れてよくなじませ、材料を入れてからは終始強火で炒めるのがポイントです。また、同じ材料を炒めるにしても、油慣れしていない鍋よりは油慣れした鍋、もっと言えばフッ素樹脂加工の鍋のほうが、油の使用量は少なくてすみます。

 

揚げ物のコツは吸油量を減らすこと

揚げ物の場合には、材料が油を吸収する量(吸油率)にも気を配らなくてはなりません。揚げ方によって、同じ材料でも吸収率に差が出てしまいます。例えば、えびは素揚げにすると3〜5%ですが、天ぷらにすると15〜20%にもなり、フライの15%よりもはるかに油の吸収を増加させてしまいます。

 

そこで、揚げ物のときには、吸油量を少なくするために、「衣はできるだけ薄く」が大原則です。天ぷらよりはフライ、フライよりは唐揚げと言うように衣の少ない揚げ物を意識することがコレステロールを揚げないコツです。また素材を大きめに切って調理することも油を給させないためのコツです。

 

また、油を給させないためのコツとして小麦粉よりも片栗粉を使うことも効果的です。使用する食材によっては片栗粉などを使用するとよいでしょう。

 

このように、食生活にも気を配ることで油によるカロリーを抑えることができます。長く続ければコレステロール値も徐々に低下し、一度下がればなかなか上がりにくくなりますので是非挑戦してみてください。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top