動脈硬化を予防する方法

動脈硬化を防ぐには?

動脈硬化はLDLコレステロールが血管壁の中に溜まることが原因です。したがって、動脈硬化を予防するにはLDLコレステロールが取り込まれないようにするが一番重要です。LDLコレステロールが取り込まれやすくなっている状態は動脈硬化の危険因子でもありますので、血糖値、中性脂肪値、血圧等を正常な範囲に保ち、禁煙やストレス等を上手に発散させましょう!(コレステロールと動脈硬化の原因

 

メタボの方の場合、内臓脂肪が多いことが、糖代謝、脂質代謝、高血圧の原因になっていますので、まずは内臓脂肪を減らすことが極めて重要です。これは動脈硬化すべてに言えることですが、危険因子を保有しているのであれば、動脈硬化の本体であるしLDLコレステロールを減少させる努力をしましょう。

 

日本人を対象にした糖尿病合併症の研究調査でも、糖尿病患者の冠動脈疾患に関与する最も重要な因子はLDLコレステロールであることが明らかになっています。また、LDLコレステロールが酸化されることで、より危険な酸化LDLに変化してしまいます。酸化LDLを作らせないためには、活性酸素を体内に増やさない事や抗酸化物質を上手に摂取することが大事です。

 

例えば禁煙をする、ストレスを溜めない、紫外線、食品添加物や残留農薬、排気ガスなどを極力避ける、緑黄色野菜など抗酸化物質を積極的に摂取する事が重要です。体内にはSODやコエンザイムQ10と言った物質がありますが、加齢と共に減少してしまいます。代表的な抗酸化物質としては、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、ビタミンB6、リコピン、カテキン、イチヨウ葉エキス、アルファリポ酸など多種あります。また海老や力二、鮭の赤い色素、アスタキサンチンの抗酸化作用は特に強力と言われています。(抗酸化物質と動脈効果

 

抗酸化物質は日々の食生活の上手に取ることがポイントです。緑黄色野菜を多く摂る食生活が良いとされています。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top