血管チェックシート

自分の血管を確認する

甘い物好きで、スナック菓子などをよく食べる
コンビニ弁当、外食、ファーストフード店を利用することが多い
毎日お酒は欠かさない
脂っこいものが好物である
濃い味付けを好んで食べる
魚、特に青魚は食べない
肉や乳製品、卵をよく食べる
野菜、きのこなどの食物繊維類は余り食べない
ついつい食べ過ぎてしまう
既に肥満体質である
運動はほとんどしない
早食いである
生活習慣が不規則だ
タバコを吸う
職場などでストレスをよくためこむ
中高年になり血圧が上がった
既に中高年である
 

血管年齢は食生活できまる!

動脈硬化の進行や動脈硬化性疾患の患者には、肥満やメタボリックシンドローム、乱れた食生活、運動不足などの共通点があります。そのため治療の基本は、ほとんどの場合、食生活の改善と運動を取り入れた生活習慣を導入するケースがほとんどです。

 

特に重要なのが食生活の改善です。動脈硬化は、血管内部の壁が硬くなることで柔軟性が損なわれた状態です。よくホースを例に例えられますが、使い古したホースと一緒で劣化(老化)シてしまった状態になっているのです。そもそも、血管の老化は20歳から始まると言われておりますが、その進行スピードは毎日の食生活が大きな影響を与えます。毎日、ファーストフードやジャンクフードを食いまくった人と規則正しくバランスの取れた食事を摂取した人とでは血管念がまるっきり違うことは容易に想像できるでしょう。

 

定期的に健康診断(血液検査)する

一度問題の起こった血管を修復することは難しいです。しかし、早期に発見し、食事内容を改善することで症状を改善緩和させることが出来ます。そのためには、早期に発見することがとても重要です。できれば半年に1回は血液検査を行いLDLコレステロール値、中性脂肪、などの項目を確認しておきたいところです。

 

このような項目に異常があった場合は、直ぐに食生活を見直しましょう。動脈硬化の予防には中性脂肪やコレステロール値を下げることが必須項目です。放置すると確実に動脈硬化が進行してしまいますので早期に発見できればラッキーと思い直ぐに実行しましょう。

 

以上が見つかった場合は、できるだけ医師の指示に従い食生活を改善しましょう。決して自己流で行ってはいけません。管理しなければならないい数値は人それぞれ異なります。高血圧や糖尿病などの病気を持っている人は、より厳しい管理値となります。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top