健康コラム

健康コラム記事一覧

 サプリメントで亜鉛を摂取する人が多いようです。人気の理由は、私たちの食生活を見てみると思っている以上に必要な栄養素を摂取できていない現場にあります。例えば炭水化物、脂質、たんぱく質などは、きちんと必要摂取量が取れているにもかかわらず、野菜や海藻類が不足している為です。ビタミンやミネラルを確保するためには、野菜や海草類なども取り入れることが大事です。 実際問題として私たちは、ビタミンミネラルなどの...

 メタボリック症候群予防の健康効果が、重視されてきています。 実際メタボリック予防のためにダイエットをする中高年もとても増えています。メタボの代表的な症状としては、内臓脂肪型肥満、高血糖・高血圧・脂質異常症があります。 メタボリック症候群は、これらのうち2つ以上があてはまる場合です。メタボリック症候群の怖いところは、さまざまな成人病の予備状態と言われている点にあります。健康診断などでメタボリックと...

 十分な予防対策をせず、メタボリックをそのままにしていると、重篤な症状が出ることがあります。日頃から心がけることが大切です。特に肥満の予防は、健康維持にもつながります。一度体についた脂肪をダイエットで落とすことはなかなか難しいのが現実です。 工夫をこらしたダイエット商品が、数多く販売されています。肥満の予防やメタボリック対策に、上手に活用するのもいいでしょう。特に男性は付き合いなどでよく飲酒する機...

最近は様々なダイエットがありますが、私達が子どもの頃に学校でやった踏み台昇降ダイエットもその一つです。2〜3段の台をその場で登ったり降りたりするだけの運動です。踏み台昇降の動きは実は有酸素運動で、体力テストで行っている学校もあるそうなんです。最近は、効果的なダイエットとして踏み台昇降運動を行う人が増加しています。踏み台昇降ダイエットは、有酸素運動によって減量効果を期待するものです。ジョギングやウォ...

 いちばん体型の悩みで女性に多いのは、今よりも痩せたいという悩みかもしれません。テレビなどで映る女優やタレント、モデルの人たちがみんな痩せています。女性の憧れ的な志向も体型の悩みの背景として関連があるようです。 細身主義な面が特に日本の女性は、他の国の人たちと比較する傾向があるのではないでしょうか。決して太ってはいないのに、更に痩せたいと体型に悩みを持っているケースも少なくありません。もう少し顔を...

 ブルーベリーサプリメントは目によいアントシアニンが豊富だといいますが、それ以外の成分もサプリメントから摂取可能です。ルテインやメグスリノキ、DHA、ベータカロテン、ビタミンCなど、健康と美容に効果的な成分も含まれています。 アントシアニンとの相性がとても良く、同時に取ることでさらに高い効果を期待することができます。アントシアニンを体内に取り入れることで、目の疲れの他にも有効な効果を受けることが可...

 どんな選び方をすれば、自分の体に合ったサプリメントを購入することができるのでしょう?現代人は普段の食事から栄養を十分に摂取できていないことが多く、サプリメントで補う必要があります。手軽で便利なサプリメントですが、たくさんのサプリメントから自分に合ったものを選ぶのはとても大変なことです。 質のいいもの、さほどでもないものがサプリメントにはあります。良いサプリメントを選ぶために大切なことは、成分表示...

 どんなダイエットにも、リバウンドの悩みはつきものです。リバウンドとは、ダイエットで一旦減った体重が、再び増えてしまう現象です。前よりも太ってしまうことが結果的にあり、ダイエット失敗になるだけではありません。痩せにくい体に、何度もリバウンドを繰り返していると、どんどん変わっていくでしょう。必ずダイエットを成功させるために必要なのは、リバウンドを回避することです。いろいろとリバウンドの原因になるもの...

 カロリー制限をせずに絶対痩せる方法はないでしょうか。ダイエットといえば食事制限が考えられますが、食べても痩せることが可能なダイエット方法もあるようです。夕食を摂取してから軽くストレッチや散歩などをして身体を動かすと、カロリーが効率よく消費されるといわれています。 食事で絶対痩せるには、朝ごはんはたんぱく質を意識して摂取しましょう。日中にカロリーを燃焼させやすい状態になるといいます。体が活動的にな...

 いくつかの種類が有酸素運動にはあり、代表的なものはジョギングやウォーキングです。ダイエットに適した有酸素運動には何があるでしょう。有酸素運動の中でもダイエットによいといわれるものは、軽くゆっくりした動きで行える運動負荷のものです。 運動の中でも単純でリズミカルな動作を反復できるものが、長時間心拍数を一定に保ちながら運動をするなら良いのではないでしょうか。これが理由でウォーキングやジョギングがダイ...

ダイエットに取り組む動機に、メタボ対策を挙げる人がいるようです。メタボリックシンドローム、メタボリック症候群のことを、縮めてメタボと呼んでいるものです。今、ダイエットをしているのは、メタボを回避するための一策という方もいます。メタボの基準は複数存在しており、学会などによっておのおの固有の数値基準が決められています。日本では、メタボと判断される前提には、女性はお腹まわり90p、男性はお腹まわり85p...

テレビやメディアで注目されている黒酢ダイエットを実践する人が多いようですが、黒酢ダイエットとは一体何でしょう。1日につき30mlの黒酢を摂取することで、ダイエット効果を得ることができるのが黒酢ダイエットです。アミノ酸がたくさん入っていることが、黒酢を摂取するメリットです。それも必須アミノ酸という、体が自前で作れないアミノ酸です。アミノ酸にも何種類かあり、BCAAという必須アミノ酸もあります。脂肪を...

基本的なことですが、コレステロールを多く含む食品はカロリーも高いものです。そこで、高いコレステロール値を改善するには、まずこのような食品を控えることです。代表格の食品としては、牛や豚のロース肉、脂身、バター等はカロリーがとても高い食品ですので程々にすることを頭の隅に入れておきましょう。しかし、極端に油断ちするわけにもいかないので、炒め物や楊げ物をするときに摂取カロリーが過剰にならないように調理法を...

コレステロールを下げるには、毎日食べる野菜の量を増やすことが必要です。1日450g、1日3食として1食あたり150gだと生野菜なら両手に山盛り、おひたしなら片手に山1程度が目安になります。野菜をとるというと、野菜サラダや野菜を生で食べることをイメージしがちですが、必ずしも生でなければならないという訳ではありません。例えば、おひたしなどのように煮る、ゆでるなどして加熱するとボリュームが減って食べやす...

緑黄色野菜に多いβ-カロチンは、抗酸化物質と言って老化やガンの原因になる酸化を防いでくれる物質です。それに対して、魚に多く含まれるEPAやDHAはコレステロールを減らし血液をサラサラにしてくれる働きがあります。しかしこのEPAやDHAには注意が必要な面もあります。それはどちらも不飽和脂肪酸の一種ですが、この不飽和脂肪酸は活性酸素によってとても酸化されやすいのです。しかも、酸化の速度は空気中と体内で...

酢には、血液中のコレステロールを減らす作用があります。これは、次のような動物実験によっても明らかになっています。1フットを次の5つのグループに分けて5日間飼育し、血清中のコレステロール値を調べました。@水を与えるグループA米酢を体重1kgあたり5ml与えるグループB米酢を体重1kgおあたり1.25ml与えるグループC4%の酔酸水溶液を体重1kgあたり5ml与えるグループD4%の酢酸水溶液を体重1k...

十分な予防対策をせず、メタボリックをそのままにしていると、重篤な症状が出ることがあります。日頃から心がけることが大切です。特に肥満の予防は、健康維持にもつながります。一度体についた脂肪をダイエットで落とすことはなかなか難しいのが現実です。工夫をこらしたダイエット商品が、数多く販売されています。肥満の予防やメタボリック対策に、上手に活用するのもいいでしょう。特に男性は付き合いなどでよく飲酒する機会も...

遺伝もしくは遺伝的要素で起きる脂質異常症を家族性脂質異常症(家族性高脂血症)と呼びます。この病気には様々なものがありますが、なかでも特に多いいのが家族性コレステロール血症です。この病気は、体質的にLDLコレステロールの処理機能に異常があるため起こります。また患者さんの血縁者にコレステロール値がかなり高い人が多いいことも特徴の一つです。LDLコレステロールの知り機能異常とは、生まれ持ってしてLDL受...

魚介類に多く含まれるタウリンという成分には、血中コレステロールを下げる働きがあります。しかし、タウリンを含む魚介類がすべてコレステロールを低下させると言う訳ではありません。これはタウリンを含むその食品自体にそれを上回るコレステロールが含まれている場合があるからです。ここで問題になるのがT/C比(タウリン/)の問題です。つまり、タウリンとコレステロールとの割合です。多くの実験や研究の結果から、タウリ...

コレステロール値を低下させる有効成分の一つであるタウリンは含硫アミノ酸の一種です。アミノ酸といってもタンパク質を構成するものではありません。タンパク質である魚肉そのものではなく、いわゆるエキスの中に遊離しているアミノ酸なのです。このためタウリンを効率的に摂取するためには、できるだけこのエキスを逃さないで調理することが、重要です。タウリンを効率的に摂取するには刺し身などのように生で食べるのが一番です...

豆腐に魚を組み合わせて食べるとコレステロール低下作用がいっそう高まります。大豆には、コレステロール低下作用のある脂質やタンパク質が豊富に含まれています。肉や卵などの動物性タンパク質とともにバランス良く摂取したいものです。タンパク質の理想的な摂取は、一般成人では、動物性1に対して植物性を2くらいの割合で摂取するのが良いとされています。さて、こうした大豆のコレステロール低下作用をより有効に生かす食事法...

コレステロールを下げるといわれる魚介類は、生で食べるのが一番ですが醤油で塩分のとりすぎが心配です。近年、魚介類に含まれる成分にコレステロール値を下げる作用のあることが次々に明らかになっています。(タウリンとコレステロール)そうした有効成分をそこなわずに効率的に摂取するためには、生で食べるのが一番です。魚介類を生で食べるといえば、まず刺し身が頭に浮かびます。刺し身は味覚の面からはもちろん、栄養分の摂...

玉ねぎの、あの強烈な刺激臭を出す成分には、実は心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ働きがあります。ある実験で、玉ねぎをすりおろしたもの2個分を食べて3時間後に採血すると食べる前に採取した血液それぞれの血小板凝集抑制作用を比較したのものがあります。(血小板凝集とは、血管が破れると、破れた個所をふさいで出血を止めるために血のかたまり(血栓)をつくろうと、そこに血液中の血小板が集まってきてくっつき合う作用をいいます。...

最近、スーパーフードをダイエットに利用することで効果的に体重を減らす方法が注目を集めています。スーパーフードとは、低カロリーで栄養豊富な自然界に存在している食材のことを指します。このスーパーフードは摂取することで、ダイエットをはじめ健康に良い効果を得ることができると言われています。サプリメントと違って食材そのものを摂取するので栄養をそのまま吸収することが出来るのが特徴で、野菜系のスーパーフードには...

更年期に差し掛かると女性は、コレステロール値が上がりやすくなる傾向があります。更年期とは一般的に、40代後半から50代前半にかけての、閉経して数年の時期のことを指します。この時期は、女性ホルモンの分泌が変化するため、いわゆる更年期障害と呼ばれるさまざまな変調や不快症状を起こします。それと同時に体内の脂質の代謝も変化し、高コレステロール血症を起こしやすくなるのです。原因はエス卜ロゲンにあり実はその原...

>> 特定保健用食品イマークSのご購入はコチラ中性脂肪は、「身近な例で言うと豚肉、牛肉、鶏肉などいわゆる白い脂の部分を指します。勿論、肉類だけではなく植物の脂質はほとんど中性脂肪と言われています。天ぷら油やサラダ油などの植物油も中性脂肪です。そして私達人間のなかでも最も量が多い脂質は中性脂肪です。そんな中性脂肪ですが、体内ではあらゆるところに溜まっていきます。その代表的な場所が皮下脂肪や内臓脂肪で...

糖質は人間の体を動かす上で重要な栄養素の一つです。特に脳は糖質だけを栄養源にして働いています。食品中の糖質は、ブドウ糖と言う吸収されやすいカタチに変化させられ、必要に応じてエネルギー源として使われています。したがって、「朝食を抜くと頭の回転が良くなくなる」と言われる所以は、睡眠中に糖質が使われスッカラカンの糖質不足になっているからです。私達が活動するために問室は欠かすことの出来ない栄養素です。しか...

食事の後にデザートを食べたり、仕事の休憩時間に甘いものを食べたりするのは、生活を豊かにするための要素として大切な面があります。しかし、エネルギーとして使われなかった糖質は肝臓で中性脂肪に作り変えられ、1日の適正エネルギーー量を超えるほど糖質をとりすぎる状態が続くことは、血中の中性脂肪値を上げ、肥満や脂肪肝などの原因になってしまいます。また、血中の中性脂肪が増えることにより、HDLコレステロールが減...

動脈硬化はLDLコレステロールが血管壁の中に溜まることが原因です。したがって、動脈硬化を予防するにはLDLコレステロールが取り込まれないようにするが一番重要です。LDLコレステロールが取り込まれやすくなっている状態は動脈硬化の危険因子でもありますので、血糖値、中性脂肪値、血圧等を正常な範囲に保ち、禁煙やストレス等を上手に発散させましょう!(コレステロールと動脈硬化の原因)メタボの方の場合、内臓脂肪...

甘い物好きで、スナック菓子などをよく食べるコンビニ弁当、外食、ファーストフード店を利用することが多い毎日お酒は欠かさない脂っこいものが好物である濃い味付けを好んで食べる魚、特に青魚は食べない肉や乳製品、卵をよく食べる野菜、きのこなどの食物繊維類は余り食べないついつい食べ過ぎてしまう既に肥満体質である運動はほとんどしない早食いである生活習慣が不規則だタバコを吸う職場などでストレスをよくためこむ中高年...

食事療法を行う時に重要なことは適切な量と質を意識することです。適切なエネルギー量と栄養バランスを考えましょう。動脈硬化を招く危険因子は多様にあります。このため、その危険因子によって食事療法も変わってきます。しかし、どのような食事療法において必ず必須の項目があります。以下の2は必ず実施しておきたいポイントです。食べすぎない適切なエネルギー量を守り食事をすることです。食事による摂取が過剰になると体内で...

サプリメントを利用してメタボリックシンドロームを改善したいと考えている人はたくさんいます。そもそもメタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が多い状態の事をいいます。メタボリックシンドロームになると動脈硬化や高血圧などになる可能性が高まります。動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞などの生命の危機を脅かす病気が起こる可能性が高くなるため非常に危険です。メタボの改善には第一に何と言っても、生活習慣や食習慣の改善...

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top