食品の香りが血栓を溶かす!

血栓をとかす強力な効果のある物質ピラジン

血栓の予防にすぐれた効采のある物質に、ピラジンというのがあります。血液の凝固を抑え、サラサラにしてくれるのです。中国では、冠心U号方と言う血栓症の治療に用いられる漢方薬があります。この漢方は、5種類の即物から調合されており、そのうちの一つにペラジンと言う香りの成分に血小板凝縮抑制作用があることがわかっています。

 

しかし残念なことに、このピラジンの研究は、日本ではいまだ十分ではありません。中国の病院のように、冠心U号方を心筋梗塞を患った人に処方するのは、まだ先の話になることと思います。

 

ピラジンは食品の香り成分に含まれる

ただ、ピラジンは、多くの食品に含まれている香り成分の一つでもあるため、食品からとる方法があります。ピラジンは香りの強い野菜、たとえば、ししとうやほうれんそう、玉ねぎ、卜マ卜、ピーマン、にんにく、ねぎ、しそ、セロリ、パセリなどに含まれます。また、メロンやすいか、グレープフルーツなどにもピラジンが含まれています。

 

これらの野菜や果物には、ピラジンの高い抗血栓作用があることが実証されています。さらに、コーヒや焼きたてのパンにも豊富に含まれています。私たちの身近にある食品の多くに含まれていることもわかりました。健康のためによいとされている代表格の食べ物、納豆にももちろん含まれています。

 

もっとも、残念ながら具体的に1日に何グラムのピラジンをとれば血中のピラジン濃度が上がるか確な数値やデータを示がありません。ただし、紹介した食品をとれば、その効果を大いに期待できます。事実、香りの強い野菜を生のまま薬味として使ったり、野菜ジュースとして飲むことで、血栓を抑制できることは、実験の結果明らかになっています。

 

ピラジンが多く含まれている食品

コーヒー、焼きたてのパン、しょうゆ、大麦、ポップコーン、ピーナッツ、力マンベールチーズ、マッシュルームウィスキー、みそ、納豆

 

関連記事

 

卵はコレステロールを上げない
卵は確かにコレステロールの高い食品ですが、ある研究結果ではそれほど高コレステロールを引き起こす要因にはならないことも分かっています。

 

 

 

三黒の美酢
3黒成分を配合し、少しでも美しく穏やかな生活の助けになればとの思いから生まれた200年の伝統製法「実力派サプリメント」です。感動の黒酢体験で体質を改善しませんか?

 

 

 

 

なぜ油はバランスよく摂取しないといけないのか?
油脂は摂取エネルギーの25%以下に抑えて、バランスよく摂取すればコレステロールは増えまえん。全く摂取しないのも問題で、極端に取らないと最悪糖尿病になりやすくなります。

 

 

 

オリーブオイルの驚きの効果!
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールをふやす大きな特長があります。

 

 

 

植物性と動物性のバランスはなぜ大事?
植物油にある不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロール値を下げる効果があり、摂取量を適切に守れば善玉HDLコレステロールをふやす働きがあります。

 

 

 

 



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報