脂質異常症と高コレステロール血症の違い

脂質異常症と高コレステロール血症違いとは?いまいちよく分かりません。どちらも脂肪が高いという訳ではないのですか?

高コレステロール血症とは、血液中の脂質成分が高い状態の病気です。血液中の脂質濃度が高い状態の病気は、他に高中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症などがありますが、これらを総称したものが脂質異常症と呼ばれているものです。

 

血液中のコレステロールや中性脂肪が多い異状態のことを以前は「高脂血症」と呼でいました。しかし、2007年に改定された日本動脈硬化学会による「動脈効果性疾患予防ガイドライン」では診断基準から総コレステロールが外され、LDLの値が基準の一つになりました。以下の様な基準です。

 

 

以上の項目に一つでも該当すると脂質異常症と診断されます。その中でもLDLが高い場合を「高LDLコレステロール血症」、中性脂肪が高い場合を「高中性脂肪血症」、HDLが低い場合を「低HDLコレステロール血症」と呼んでいます。

 

異質異常症は、動脈硬化の基板となる病気です。なにもしないで放置していると狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、大動脈瘤などの動脈硬化に起因する様々な病気を引き起こす危険性が高まります。脂質異常症ガイドラインはそれらの危険性がある人を見逃さないために定められているものです。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top