メタボは腹囲が基準以内

メタボは腹囲が基準を下回っていればOKですか?

メタボ診断の基準はウエスト周りを測定して基準外であればOKというものではありません。(詳しくはこちら⇒メタボ診断基準

 

ウエスト周り(内臓脂肪)が基準値を下回っていても、そのほか動脈硬化に関する危険因子を重複して持っていれば、危険であることには変わりありません。ウエストが正常であっても、内臓脂肪の多い場合もありますし、内臓脂肪が多くなくても、危険因子を重ねて持っている場合もあります。腹囲が基準外でれば当然注意する必要があります。しかし、基準を下回っているから大丈夫とはいえません。

 

メタポの基盤をなすインスリン抵抗性は喫煙、ストレス、運動不足、動物性脂肪過剰摂取などでも起こり、腹囲が基準値以内のこともあるのです。日本人、特に女性は肥満がないのに、インスリン抵抗性を持っている方が多いといわれています。また、インスリン抵抗性がなくても、危険因子が重複した場合は、動脈硬化が進み、心筋梗塞、脳梗塞が起こりやすくなることがわかっています。特に脳梗塞は心筋梗塞に比し、肥満でなくても発症する確率が高いので、腹囲にかかわらず、高血圧、血糖値の管理をしっかり行う必要があります。

 

糖尿病の場合も、半分はメタポを経由しません。家族に糖尿病の方がおられたり、以前肥満していたなど、糖尿病になりやすい素因をお持ちの方は、是非、食後血糖値のチェックをしてみてください。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。




コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top