コレステロールはどこで作られるのか?

コレステロールはどこで作られるのか?

コレステロールを合成している主な臓器は肝臓です。その割合は全体の約70%とも言われています。また小腸や副腎、皮膚などでも作られています。逆に、食事から取り入れられるのは30%とも言われ、一日にすると300〜500mg程度です。つまり、体内にあるコレステロールの大半は体内で合成されたものということになります。

 

また、健康な人であれば全体量が調度よい量になるように調整する仕組みが働きます。つまり食事から多くのコレステロールを摂取すると体内で合成されるコレステロール量が減少し、肝臓では排泄する動きをします。逆に、コレステロールが足りない場合は、肝臓はコレステロールを多く合成してバランスを取る仕組みになっています。

 

コレステロールは、一日に1000〜2000mg摂取する必要があると言われています。この数値をひとつの目安にして、食べ過ぎには気をつけたいものです。(コレステロールの多い食品はコチラを参照してください。「コレステロールの高い食品」)

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top