喫煙とコレステロールの関連性

喫煙はコレステロールに影響を及ぼしますか?
喫煙は脂質異常症を引き起こす要因であるとともに動脈硬化の危険因子でもあります。タバコを吸うと煙の中に含まれる一酸化炭素や窒素化合物が血管の内皮細胞を破壊しLDLコレステロールへと変化させます。破壊された血管には、変化したLDLコレステロールや血小板が付着しやすくなります。 喫煙をすることで悪玉コレステロールが上昇しやすくなります。喫煙により摂取されるニコチンには、中性脂肪の合成を促進し悪玉コレステロールを増加させる作用があります。 喫煙は、活性酸素を増加させ、増加した活性酸素は超悪玉のオキシステロールと呼ばれる物質を作るため百害あって一利もありません。 また、喫煙することで酸化LDLに変化する作用もあります。今既に中性脂肪やコレステロールが高い人は気をつけるべきでしょう。また、タバコに含まれるニコチンは副腎を刺激しコテコールアミンというホルモンの分泌を促します。カテコールアミンは血液を固まりやすくし血栓を作ります。これらの動きはすべて動脈硬化を促進させるものです。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top