中性脂肪が高いとどうなる

高中性脂肪は肥満を招く

中性脂肪が高い状態を放置すると何が問題なのでしょうか?

中性脂肪が高いと肥満を招きます。つまり中性脂肪が増えた状態を放置するとデブになります。さらにそのまま放置するとメタボリックシンドロームになり動脈硬化や冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)等の動脈に関する病気を招きます。

 

中性脂肪が蓄えられる場所は、皮下と腹周りに分けられます。皮下に蓄積された脂肪を皮下脂肪、おなかまりに蓄えられた脂肪を内蔵脂肪と呼びます。

 

皮下脂肪は、体内のエネルギーが亡くなった時の非常時エネルギーで蓄えにくく減りにくい特徴があります。一方、内臓脂肪はすぐにつく半面、比較的早く使用もされます。しかし内臓脂肪は、過剰に蓄積しすぎると膵臓から分泌されるインスリンの効果を弱くさせる物質が増えメタボリックシンドロームへと進行します。メタボリックシンドロームの前段階にあたるのが中性脂肪の過剰な蓄積です。いわゆる肥満と言われる症状です。

 

肥満でも、内臓周りに多い「内臓脂肪型肥満」がメタボリックシンドロームを招く基盤になります。一般的に男性は、おなかか周りに脂肪がつくパターンが多く、女性は下半身(皮下脂肪型肥満)につくパターンが多く見られます。

 

中性脂肪とLDLコレステロールは比例の関係にあることも注意

HDLコレステロールは、善玉コレステロールとも言われ余分なコレステロールを回収する作用がありますが、中性脂肪が過剰に増えるとHDLコレステロールは減少します。HDLコレステロールが減少するとLDLの回収も減少するので、自然とLDLコレステロールが上昇してしまいます。つまり悪循環を招きます。

 

中性脂肪は、アルコール類の過剰飲酒でも進行するためお酒のの水着も十分に注意する必要があります。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるサプリメント


三黒の美酢には原材料の一つに「黒にんにく」を使用しています。この黒にんにくは、中性脂肪の上昇を抑え体外に排出するポリフェノールが普通のにんにくに比べて14倍多く含まれています。
また、「黒にんにく」には硫化アリルという物質が含まれており、この硫化アリルが脂質を減少させる効果があります。
もう一つの原料に「黒卵黄油」があります、この「黒卵黄油」にはレシチンが豊富に含まれており悪玉コレステロールを分解する作用があります。
更にカプセルのコーティング剤には青魚に含まれるEPA/DHAがふんだんに使用されているのでコレステロールと中性脂肪を下げる要素が非常に多く含まれたサプリメントです。




コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top