減塩必要性

減塩はなぜ必要?

コレステロールが高い人はなぜ減塩が必要なのでしょうか?

血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が上昇して最も怖いのは、動脈硬化です。そして、その危険性を更に高めるのが高血圧です。血圧が高くなると、圧力で動脈壁が傷がつきやすくなり、その傷にLDLが付着しやすくなって結果として動脈硬化が進行してしまいます。血中脂質が高い場合は、血圧の上昇を防ぐのための減塩も必要なのです。

 

献立のうち、塩分量が比較的多いのが味噌汁などの汁ものです。味噌汁一杯には約2gの塩分が含まれていると言われています。成人一日の必要塩分量は10g以内が目安ですの味噌汁3杯飲むと6gとなってしまいます。ですので、具だくさんにして汁を少なめにすることや味付けを、ダシをきかせて少しうす口にするなどの工夫をすると良いでしょう。

 

また食事全体の減塩も心がけましょう。塩味以外の味覚を活用すれば美味しく減塩することが出来ます。以下に減塩するためのちょっとした工夫をまとめましたので参考にしてみてください。

旨みを利用する

減塩するときはまず旨みをきかせます。だしをしっかり取って旨みが感じられれば塩味が薄くても余り気になりません。本来はきちんと出しをとるのが良いのですが、時間がないときは煮干しや鰹節を粉末にした粉だしを料理に一振りするのもひとつの手です。

 

うまみを出す素材を使うことも重要です。肉や魚、油揚げ、きのこや切り干し大根、干ししいたけなどの乾物もうまみがでる食材です。これらを上手に組み合わせて調理してみると上手く減塩できるでしょう。

香りを使う

香りづけも減塩に役立ちます。にんにくやしょうが、大葉などの香味野菜、こしょうやカレー粉、七味、山椒などのスパイス、ローズマリーやミントなどのハーブといった香りの良い物を料理のポイントとして使用すると薄味を気にしず食べる事ができます。

酸味を利用する

酢やレモンの酸味を料理の隠し味として活用すると上手く減塩できるでしょう。例えば焼き魚などには醤油ではなくレモンをかけたり刺し身は「カツオのたたき」のように香味野菜をたっぷり載せてポン酢で食べるなどです。きざんだ野菜に刺身を乗せてサラダのように食べるのもいいでしょう。

 

また、しらすおろしなども醤油ではなく酢をかけて食べるといいでしょう。シラスに含まれている塩分だけでも十分に美味しく食べることが出来ます。刺し身なども上から大量にかけずに小皿に醤油を分けて食べるちょっとしたことにも気を配ると良いでしょう。

 

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top