中性脂肪とコレステロールの違いって何?

中性脂肪とコレステロールの違いを教えて下さい。

一言で言うと中性脂肪もコレステロールも脂質の一種です。しかし、この2つは働きや作用が異なります。その作用とは以下の作用です。

 

コレステロール

体を構成する細胞の細胞膜やホルモンの材料になるほか脂肪を消化させる消化液の一種である胆汁酸の原料などに使われます。コレステロールは、善玉と悪玉がありそれぞれ、HDLコレステロール、HDLコレステロールと呼ばれます。LDLは動脈の壁に沈着し動脈硬化の原因の一つになると言われていますが、沈着したLDLを回収して肝臓まで届けるのがHDLコレステロールですこれらの善玉と悪玉のバランスによってスムーズに血液を流しています。

中性脂肪

中性脂肪はトリグリセリドと言い、主に体を動かすエネルギー源として使われます。全て使いきればいいのですが、余ってしまった分は皮下や内臓に「体脂肪」として蓄積されます。

 

体を作る上で必要なコレステロールは、その20%が食品から取り入れられ残りの80%は肝臓で作られます。(参照:コレステロールを下げる食事)また中性脂肪も食品から取り入れらたり、肝臓でで合成されたりします。肝臓から血液にホ遺失されたコレステロールや中性脂肪は「リポタンパク」と呼ばれる粒子として血液中に溶け込みます。

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top