脈硬化の予防

脈硬化の予防って?どうすればいいの?

まず動脈硬化の危険因子は、高コレステロール血症、高血圧、喫煙、糖尿病、メタボが上げられます。特にLDLコレステロール値の高い人は危険度は高いと言われています。動脈硬化そのものは、高LDLコレステロールによって血管の壁が傷つくことが始まり。そこからLDLコレステロールが入り込み、コレステロールがたまって酸化する減少が原因です。

 

酸化したコレステロールをオキシステロールと呼びますが、このオキシステロールは炎症を引き起こし周辺の細胞を傷つける作用があります。高LDLコレステロール血症は、動脈硬化の重大な危険因子で冠動脈疾患、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症など、動脈硬化性疾患の危険因子でもあります。

 

対して善玉コレステロール(HDLコレステロール)は、低すぎるほうが問題で、HDLが低いことを低コレステロール血症と言います。この低コレステロール血症も動脈硬化や動脈硬化性疾患の危険因子です。

 

特に注意しなければならない人

高血圧、喫煙、糖尿病、メタボの人は要注意です。これらは動脈硬化の危険因です。まず、高血圧はLDLコレステロールの内皮死亡の下に入り込むのを促進させます。喫煙も同じくニコチンを始めとする有害物質が内皮細胞を慯つけたすることでLDLコレステロールの酸化に拍車をかけます

 

高血糖は、余分な糖が内皮細胞を傷つけたり、LDLコレステロールを変性させるほか、中性脂肪の増加にもかかわります。高LDLコレステロール血症、高血圧、高血糖を複数もち、内臓肥満のあるメタボの人は、動脈硬化や動脈硬化性疾患を促進する物質が増えるため大変危険です。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top