脈硬化の予防

脈硬化の予防って?どうすればいいの?

まず動脈硬化の危険因子は、高コレステロール血症、高血圧、喫煙、糖尿病、メタボが上げられます。特にLDLコレステロール値の高い人は危険度は高いと言われています。動脈硬化そのものは、高LDLコレステロールによって血管の壁が傷つくことが始まり。そこからLDLコレステロールが入り込み、コレステロールがたまって酸化する減少が原因です。

 

酸化したコレステロールをオキシステロールと呼びますが、このオキシステロールは炎症を引き起こし周辺の細胞を傷つける作用があります。高LDLコレステロール血症は、動脈硬化の重大な危険因子で冠動脈疾患、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症など、動脈硬化性疾患の危険因子でもあります。

 

対して善玉コレステロール(HDLコレステロール)は、低すぎるほうが問題で、HDLが低いことを低コレステロール血症と言います。この低コレステロール血症も動脈硬化や動脈硬化性疾患の危険因子です。

 

特に注意しなければならない人

高血圧、喫煙、糖尿病、メタボの人は要注意です。これらは動脈硬化の危険因です。まず、高血圧はLDLコレステロールの内皮死亡の下に入り込むのを促進させます。喫煙も同じくニコチンを始めとする有害物質が内皮細胞を慯つけたすることでLDLコレステロールの酸化に拍車をかけます

 

高血糖は、余分な糖が内皮細胞を傷つけたり、LDLコレステロールを変性させるほか、中性脂肪の増加にもかかわります。高LDLコレステロール血症、高血圧、高血糖を複数もち、内臓肥満のあるメタボの人は、動脈硬化や動脈硬化性疾患を促進する物質が増えるため大変危険です。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


脈硬化の予防って?どうすればいいの?関連ページ

動脈と静脈の違いとは
動脈とは心臓から送り出された血液を、体の隅々まで送り届ける血管で、血液以外にも酸素や栄養素も供給している。対して静脈は心臓に血液を戻す血管です。
動脈硬化はなぜ危険なのか?
動脈硬化はなぜ危険なのか?一言で言うと、血管がもろくなったために起こる動脈効果性疾患が問題です。
なぜ動脈硬化になるのか?
動脈硬化は過剰なコレステロールが血管に入り込むことが原因になって起こります。
メタボと動脈硬化
当サイトは「コレステロールを下げるには?」どうしたら良いかを追求したサイトです。悪玉(LDL)コレステロールが高いのには必ず原因があります。その原因は大きく分けて運動不足と食事の内容です。当サイトではコレステロールを下げる食事内容や食品をわかりやすく解説しています。また、意外と知られていない成分を摂取することで手軽でこんなに簡単にコレステロールを下げる方法なども紹介しています。とにかく何とかしたい方には必見です。その他、即効な有効成分や意外な食品がコレステロールを正常値に導いてくれます!油のとり方、食品の選び方見直しませんか?
動脈硬化と合併症
動脈硬化が原因で起こる合併症の一覧です。
動脈硬化疾患の予防
動脈硬化疾患の予防には、食生活の改善や運動による減量、禁煙が効果的です。
動脈硬化になりやすい人
LDLコレステロールが高い人は動脈コウナになるリスクが高いでしょう。その他には、高血圧、喫煙、糖尿病等が上げられます。
動脈硬化と生活習慣の関係
動脈硬化と生活習慣の関係は密接なものにあります。極論を言えば、食事をバランスよく摂取しよく運動することです。
動脈硬化の検査
動脈硬化の検査には画像診断(CT、MRI、超音波検査)や血管の硬さを知る検査(CAVI、PWR)があります。
オキシステロールが動脈硬化を促進
動脈の壁に蓄積されたコレステロールが酸化して合成されるのがオキシステロールという物質。オキシステロールは酸化して動脈硬化を促進させます。
動脈硬化の血管外科治療
動脈硬化になると、当然改善のための治療が必要です。初めは食事療法などを行いますが、改善が見られなければ外科的な手術をする場合もあります。

コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報