オキシステロールが動脈硬化

オキシステロールが炎症を万栄化させ動脈を破壊する

オキシステロールはコレステロール酸化物とも言われコレステロールが酸化することで出来る物質です。このオキシステロールの特徴は何と言っても炎症を起こす物質で血管の細胞を攻撃して動脈硬化を促進させる作用があります。つまり元になっているのはコレステロールなので、血中の濃度が高い状態が続けば続くほど炎症は満映化していきます。

 

酸化の促進原因

血中のコレステロール濃度が上昇すると、動脈に傷つけ、その部分からLDLコレステロールが侵入してしまいます。侵入したLDLコレステロールは、時間の経過とともに活性酸素を結合しオキシステロールを合成してしまいます。この活性酸素は、オキシステロールを合成するだけではなくLDLコレステロールとも結合し、酸化LDLと言う物質に変化します。酸化LDLにも動脈に炎症を起こす作用があり、血液中に層化することで動脈へのダメージが大きくなってしまいます。

 

この活性酸素は動脈硬化と密接な関係にあり、喫煙やストレスなどで増加することが分かっています。動脈硬化の改善において重要な要素の一つに、活性酸素を減らすという事が上げられます。活性酸素を必要以上に増やさないためには、規則正しい生活を守ることや食生活の改善、禁煙、ストレス発散、紫外線を浴びない、適度な運動を継続して行うなどが上げられます。

 

逆に活性酸素を増加させてしまう要因としては、食品添加物、排気ガス、紫外線、喫煙、過剰なストレスなどが上げられます。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top