コレステロールを下げる方法

メタボと動脈硬化

まずはじめに認識していただきたいことは、メタボと動脈硬化の危険因子は密接な関係がります。

 

メタボリックシンドロームの方は、動脈硬化になる危険因子が複数ある状態で、なおかつ非常に高い確率で動脈硬化になりやすいのです。メタボリックシンドロームの基盤にあるのは、肥満の蓄積です。肥満とは、体内に入るエネルギーと消費されるエネルギーのバランスが取れていない状態で余分なエネルギー成分が過剰に備蓄された状態です。
内臓脂肪が増えことで動脈硬化を抑制したり、血糖値を下げる作用のあるアディポネクチンと呼ばれる物質がが減少することが分かっています。このように内臓脂肪が増えると膵臓から分泌されるインスリン作用が低くなりイ(インスリン抵抗性)、血糖値が下がりにくくなります。脂肪細胞が肥大するにつれ、インスリンの効きはますます悪化します。

 

このインスリン抵抗性がメタボを加速させる要因でもあります。インスリン抵抗性は、血液中の中性脂肪を分解するリポたんぱくリバーゼという酵素の発現を抑制し、中性脂肪を増やす一方、HDLコレステロールを減らすとともに高血糖、高血圧を引き起こす原因ともなります。

 

油断できないメタボの本当の理由

じつはメタボは中性脂肪や血糖値がやや高い。。。など一つ一つをみるとさほど問題はありません。しかしそこに落とし穴があります。と言うのは、これらの危険因子が重なると、動脈硬化になりやすいことが分かっています。メタボになると酸化反応が亢進し、体内で炎症を起こす物質が増え、動脈硬化が進みやすくなります。そしてメタボを放置すると糖尿病になる可能性が高まります。

 

糖尿病になると、全身の血管に慢性的な炎症が生じ、血管はさらに劣化しボロボ口になってしまいます。これが、メタボの本当の怖いところなのです。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


メタボと動脈硬化関連ページ

動脈と静脈の違いとは
動脈とは心臓から送り出された血液を、体の隅々まで送り届ける血管で、血液以外にも酸素や栄養素も供給している。対して静脈は心臓に血液を戻す血管です。
動脈硬化はなぜ危険なのか?
動脈硬化はなぜ危険なのか?一言で言うと、血管がもろくなったために起こる動脈効果性疾患が問題です。
なぜ動脈硬化になるのか?
動脈硬化は過剰なコレステロールが血管に入り込むことが原因になって起こります。
動脈硬化と合併症
動脈硬化が原因で起こる合併症の一覧です。
動脈硬化疾患の予防
動脈硬化疾患の予防には、食生活の改善や運動による減量、禁煙が効果的です。
脈硬化の予防って?どうすればいいの?
動脈硬化を予防するには、生活習慣を改めることが一番です。特に高コレステロール血症、高血圧、喫煙をしている人は注意が必要です。
動脈硬化になりやすい人
LDLコレステロールが高い人は動脈コウナになるリスクが高いでしょう。その他には、高血圧、喫煙、糖尿病等が上げられます。
動脈硬化と生活習慣の関係
動脈硬化と生活習慣の関係は密接なものにあります。極論を言えば、食事をバランスよく摂取しよく運動することです。
動脈硬化の検査
動脈硬化の検査には画像診断(CT、MRI、超音波検査)や血管の硬さを知る検査(CAVI、PWR)があります。
オキシステロールが動脈硬化を促進
動脈の壁に蓄積されたコレステロールが酸化して合成されるのがオキシステロールという物質。オキシステロールは酸化して動脈硬化を促進させます。
動脈硬化の血管外科治療
動脈硬化になると、当然改善のための治療が必要です。初めは食事療法などを行いますが、改善が見られなければ外科的な手術をする場合もあります。

コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報