動脈硬化の血管外科治療

動脈硬化を治すのには、どんな手術があるのか?

残念ながら動脈硬化が進行して、動脈硬化疾患になると手術を行う場合があります。主に血管を広げる治療と血液の通り道を人工的に作る手術があります。

 

カテーテル治療

血管を広げる治療はカテーテル治療(PCI)です。カテーテル呼ばれる細い管を血管に挿入しバルーンやステントと呼ばれる金属製の筒で狭くなった血管を広げます。近年では、ステントを使用するステント留置術と呼ばれている手術が主流です。この手術はステントを血管内に留置することで血管を広げ血液の流れを良くするというものです。

 

ステントも最新のものでは、「薬剤溶出ステント」と呼ばれるものもあり、血管が再び狭くなるのを防止するために仕込まれた薬が自然に溶けてくる特殊なステントです。狭窄の予防効果が高く近年普及が進んでいます。(薬剤溶出ステントを血管に留置した時には、血栓予防薬をしばらく飲まなければなりません。)

 

バイパス手術

バイパスとは、う回路と言う意味です。詰まった血管の代わりに新たに血液が流れる人口の血管を新たに移植するというものがバイパス手術です。カテーテル治療で回復が見込めない時にバイパス治療が行われます。パイパス手術を行う場合、人工血管を使用する場合と自身の血管を別の場所から取り出して移植する方法の二通りがあります。

 

自分の血管を取り出すときは、手や足、心臓周辺、胃の周辺などの血管から移植するケースが多いようです。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top