動脈とは

動脈は第二の心臓

血液を運ぶには、動脈と静脈があることはよく知られています。動脈は、ポンプの役割をする心臓から送られた血液を体の隅々まで行き渡らせる役目があり、静脈はその末端から血液を回収するラインです。

 

血管は、単純に血液を送ったり回収したりする管ではありません。血管自体が伸び縮みして血流を作り出しているのです。この作用が血管が「第二の心臓」と呼ばれる所以でもあります一般的に心臓は、一分間に60〜80回程度脈打ち運動を行うと最大で140回以上にも達します。このように平常時と運動時では血液の流れる量が違ってくるため、動脈も合わせて伸び縮みします。そして、大量に血液が流れても耐えられるように血管は弾力性があり強く作られています。

 

血管の構造

動脈は3つの膜から構成されています。内側から内膜、中膜、外膜です。さらに、三層の各膜の間には板で仕切られており、この板のお陰で血管の弾力性を生み出しています。動脈硬化によってコレステロールが蓄積される部分は、内膜と板が接する場所です。ここにコレステロールが入り込むと脂肪斑と呼ばれるシミのようなものが出来ます。さらに進行すると内膜が分厚くなり血液の通り道が狭くなってしまいます。

 

動脈硬化の進行した血管は古いホースのようにもろくなっています。また柔軟性を失っていることも重なり血液や栄養素を体の隅々まで送る能力も弱まってます。更に進行すると動脈硬化性疾患となるのです。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


動脈と静脈の違いとは関連ページ

動脈硬化はなぜ危険なのか?
動脈硬化はなぜ危険なのか?一言で言うと、血管がもろくなったために起こる動脈効果性疾患が問題です。
なぜ動脈硬化になるのか?
動脈硬化は過剰なコレステロールが血管に入り込むことが原因になって起こります。
メタボと動脈硬化
当サイトは「コレステロールを下げるには?」どうしたら良いかを追求したサイトです。悪玉(LDL)コレステロールが高いのには必ず原因があります。その原因は大きく分けて運動不足と食事の内容です。当サイトではコレステロールを下げる食事内容や食品をわかりやすく解説しています。また、意外と知られていない成分を摂取することで手軽でこんなに簡単にコレステロールを下げる方法なども紹介しています。とにかく何とかしたい方には必見です。その他、即効な有効成分や意外な食品がコレステロールを正常値に導いてくれます!油のとり方、食品の選び方見直しませんか?
動脈硬化と合併症
動脈硬化が原因で起こる合併症の一覧です。
動脈硬化疾患の予防
動脈硬化疾患の予防には、食生活の改善や運動による減量、禁煙が効果的です。
脈硬化の予防って?どうすればいいの?
動脈硬化を予防するには、生活習慣を改めることが一番です。特に高コレステロール血症、高血圧、喫煙をしている人は注意が必要です。
動脈硬化になりやすい人
LDLコレステロールが高い人は動脈コウナになるリスクが高いでしょう。その他には、高血圧、喫煙、糖尿病等が上げられます。
動脈硬化と生活習慣の関係
動脈硬化と生活習慣の関係は密接なものにあります。極論を言えば、食事をバランスよく摂取しよく運動することです。
動脈硬化の検査
動脈硬化の検査には画像診断(CT、MRI、超音波検査)や血管の硬さを知る検査(CAVI、PWR)があります。
オキシステロールが動脈硬化を促進
動脈の壁に蓄積されたコレステロールが酸化して合成されるのがオキシステロールという物質。オキシステロールは酸化して動脈硬化を促進させます。
動脈硬化の血管外科治療
動脈硬化になると、当然改善のための治療が必要です。初めは食事療法などを行いますが、改善が見られなければ外科的な手術をする場合もあります。

コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報