動脈硬化メカニズム

そもそも動脈とはなにか?

そもそも血管は、血液が流れるだけの管ではありません。血管自身が伸び縮みして血液の流れを助ける働きがあります。血管には、「動脈」と「静脈」があり、心臓から送られた血液を体内に運びのが動脈で心臓に戻すのが「静脈」です。

 

心臓はポンプとも言われるように常に鼓動しており、それが血液に伝わるわり脈を打って血液を運びます。激しい運動をすると心臓は激しく動き平常時の約二倍も鼓動すると言われています。このようにポンプの役割を果たす心臓に対応するため、動脈の壁は厚く構成され、且つ弾力性と柔軟性を備えています。この伸縮性こそが血管の役割でも有り「第二の心臓」ともいわれる所以なのです。

 

動脈の構造

ではそんな伸縮自在な血管の構造はどうなっているのかというと動脈は、内膜・中膜・外膜と呼ばれる三層の構造になっています。さらに内膜と中膜の間には内弾性板と呼ばれるもので仕切られており、中膜と外膜の間には外弾性板と呼ばれるもので隔たれています。中でも動脈の真ん中に位置する中膜は、血管平滑筋細胞と呼ばれる筋肉細胞がありこの細胞のお陰で収縮と弛緩をという血管の役割を担っています。

 

動脈硬化においてコレステロールが蓄積するのは、内膜と内弾性板接する部分です。この部分にコレステロールが入り込むことで「脂肪斑」と呼ばれるものが出来て、更に進行すると内膜を厚くしてしまい動脈の内腔を狭くしてしまいます。

 

動脈硬化はまるで古いホース?

動脈硬化はよく古いホースに例えられます。それはなぜかというと、古いホースは弾力性を失い劣化しているからです。古いホースは、弾力性がなく内側にゴミや水垢などが溜まり場合によっては、「ひび割れ」やしやすい劣化した状態になって使えない状態なっているかもしれません。これと同じことが動脈にも言えるのです。

 

動脈硬化は血管の太さに分けて3つのタイプに分類されます。比較的太い血管の内膜に起こりやすいの動脈硬化を「アテローム性動脈硬化」と呼び、中くらいの血管に発生しやすいものを「メンケルベルグ型硬化」、脳や腎臓等の細い動脈に起こりやすいものを「細動脈硬化」と呼んでいます。この中でもコレステロールを関連性の強いのが「アテローム性動脈硬化」です。

 

動脈硬化について更に詳しくは以下のページも参考にしてください。

動脈硬化と関連の強い病気

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 頸動脈狭窄症
  • 大動脈瘤 大動脈解離

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


動脈硬化のメカニズム記事一覧

血液を運ぶには、動脈と静脈があることはよく知られています。動脈は、ポンプの役割をする心臓から送られた血液を体の隅々まで行き渡らせる役目があり、静脈はその末端から血液を回収するラインです。血管は、単純に血液を送ったり回収したりする管ではありません。血管自体が伸び縮みして血流を作り出しているのです。この作用が血管が「第二の心臓」と呼ばれる所以でもあります一般的に心臓は、一分間に60〜80回程度脈打ち運...

動脈硬化が進むことで動脈内腔が狭まったり、アテロームと呼ばれる血管内に出来る腫れ物が破れ出すと始めると様々な症状が出現します。その中でも特に気をつけなければならないのは、心筋梗塞、脳梗塞です。アテロームが破れるとその部分には血小板が集まり自己治療を開始します。その際かさぶた状の血栓も同時に作り出しますが血栓が大きくなりすぎると血液の流れが悪くなり最悪詰まってしまいます。この時、心臓の血管に詰まれぱ...

血管はホースのようなもの、とよく例えられます。この血管の構造は3層になっており一番内側を内膜と呼ばれています。血液中のLDLコレステロールが上昇すると血管の内膜に傷が付き、その部分からLDLコレステロールが入り込んでしまいます。動脈硬化はこのLDLコレステロールが血管の中に入り込むことから進行するのです。動脈硬化になる過程には、大きく分類して三段階あるとされています。第一段階LDLコレステロールが...

まずはじめに認識していただきたいことは、メタボと動脈硬化の危険因子は密接な関係がります。メタボリックシンドロームの方は、動脈硬化になる危険因子が複数ある状態で、なおかつ非常に高い確率で動脈硬化になりやすいのです。メタボリックシンドロームの基盤にあるのは、肥満の蓄積です。肥満とは、体内に入るエネルギーと消費されるエネルギーのバランスが取れていない状態で余分なエネルギー成分が過剰に備蓄された状態です。...

動脈硬化が進行すると様々な合併症を引きをこすことが分かっています。合併症は動脈硬化が起こっている場所によって病名も変わってきます。以下の表を確認して下さい。動脈硬化が原因で起こる合併症一覧動脈硬化が起こった動脈の場所病名脳の動脈脳梗塞首の動脈頸動脈狭窄症(けいどうみゃくきょうさくしょう)胸部、腹部の動脈大動脈解離、大動脈瘤心臓の動脈狭心症、心筋梗塞脚の動脈閉塞性動脈硬化症腎臓の動脈腎硬化症、腎不全...

動脈硬化疾患における最大の予防は、生活習慣にあります。規則正しい食生活で、適度な運動を行う事です。喫煙は危険因子になるので、出来るだけ禁煙しましょう。動脈硬化そのものを治療することは現状では難しいため、動脈硬化しない体作りをすることが極めて重要です。脂質異常症や糖尿病をはじめとした、動脈硬化性疾患の危険因子をしっかり治療することで動脈硬化性疾患を予防することは可能なのです。まずは、食生活からどのよ...

まず動脈硬化の危険因子は、高コレステロール血症、高血圧、喫煙、糖尿病、メタボが上げられます。特にLDLコレステロール値の高い人は危険度は高いと言われています。動脈硬化そのものは、高LDLコレステロールによって血管の壁が傷つくことが始まり。そこからLDLコレステロールが入り込み、コレステロールがたまって酸化する減少が原因です。酸化したコレステロールをオキシステロールと呼びますが、このオキシステロール...

動脈硬化の危険因子は様々ですが、その中でも因果関係がはっきりしているものが一つあります。そうです脂質異常症です。特に、血液中のLDLコレステロール濃度が高い高LDLコレステロール血症は要注意です。そもそも、動脈硬化は血管にアテロームと呼ばれる腫れ物が大きくなり、その腫れた部分が破れ修復の過程で血栓(いわゆる、かさぶた)ができる事で血流が悪くなることで起こります。そしてアテロームの原因は、過剰なLD...

動脈硬化の予防には生活習慣の改善が欠かせません。特に食事と運動、喫煙をしている人は禁煙が効果的です。動脈硬化治療の最大の目的は、冠動脈疾患や脳梗塞など、動脈硬化性疾患の予防です。動脈硬化そのものを治すことは難しいですが、高コレステロール血症やメタボなどを改善させ、動脈硬化の危険因子にもなる原因をなくす事で動脈硬化性疾患を防ぐことは可能です。そしてその最も重要な要素が食生活と運動不足の改善なのです。...

動脈硬化の検査を受診しようと思ったら、循環器内科、若しくは心臓血管外科を受診するとよいでしょう。総合病院であれば、どちらかはあるともいますので診断を受けましょう。また、分からなければ「動脈硬化の詳しい検査をしたいです」と伝えればよいでしょう。検査方法動脈硬化であるかどうか、動脈硬化であればどれくらい進行しているのかを調べるためには、主に血管の形態を調べる検査と血管の機能を調べる検査があります。ほと...

オキシステロールはコレステロール酸化物とも言われコレステロールが酸化することで出来る物質です。このオキシステロールの特徴は何と言っても炎症を起こす物質で血管の細胞を攻撃して動脈硬化を促進させる作用があります。つまり元になっているのはコレステロールなので、血中の濃度が高い状態が続けば続くほど炎症は満映化していきます。酸化の促進原因血中のコレステロール濃度が上昇すると、動脈に傷つけ、その部分からLDL...

残念ながら動脈硬化が進行して、動脈硬化疾患になると手術を行う場合があります。主に血管を広げる治療と血液の通り道を人工的に作る手術があります。カテーテル治療血管を広げる治療はカテーテル治療(PCI)です。カテーテル呼ばれる細い管を血管に挿入しバルーンやステントと呼ばれる金属製の筒で狭くなった血管を広げます。近年では、ステントを使用するステント留置術と呼ばれている手術が主流です。この手術はステントを血...

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top