コレステロール関連情報一覧

コレステロール関連情報一覧記事一覧

ストレスも実は、コレステロールを上昇させる要因の一つになりえます。ストレスによって精神的に精神的に緊張状態になると交感神経が刺激され血圧や血糖値が上昇します。つまり血管に負担をかけることになります。また、ホルモン分泌も促進されたり抑制されたり不安定な状態になります。こうした結果、血液中に遊離脂肪酸が大量に放出され肝臓でコレステロールや中性脂肪を合成する要因になります。しかし人間皆同じ訳ではありませ...

意外と知られてないかもしれませんが糖尿病患者さんの20〜50%に脂質異常症が見られると言われています。そもそも糖尿病とは、活動のためのエネルギー源であるブドウ糖が、うまくに利用されずに血液中でだぶつき、その濃度が異常に高い状態が慢性的ににつづく病気です。そしてこの糖尿病の恐ろしいところは、全身をむしばみ様々な合併症を引き起こすことです。ブドウ糖は、主にご飯やパンなどのなどの糖質食品が胃や腸でで分解...

糖尿病で一番こわいのは合併症です。糖尿病になると、全身にさまざまな合併症が起こりやすくなります。特に問題なのは、神経障害、網膜症、腎症の3つです。これらは糖尿病の3大合併症と呼ばれています。失明につながりかねない網膜症と、背不全につながる腎症は、細小血管の障害によるもので、このほか、動脈硬化をも促進させます。脂質異常症や高血圧とともに、心筋梗塞や脳梗塞、下肢の動脈硬化の大きな原因です。抑えておきた...

次のような肝臓病にかかると血液中の脂質値が高くなることがあります。閉塞性黄疸肝臓は、コレステロールがふえてくると、胆汁酸の形でコレステロールを排泄しようとします。肝臓から胆汁として十二指腸に排出されるまでの経路を胆道といいます。この胆道が何かの原因で詰まると、胆汁中の胆汁色素が十二指腸に流れないで肝臓に逆流してしまい、黄疸が出るようになります。これを閉塞性黄植といい、コレステロール値、中性脂肪値と...

一般的に脂質異常症は自覚症状のない病気であると言われています。しかし極稀に脂質値が高い状態が長期間つづくと、自覚症状があらわれることがあります。以下の様な症状が現れたら脂質異常症の疑いを持ってください。できれば直ぐに検査してもらうと良いでしょう。黄色腫代表的な症状の一つに、体の表面に脂質がたまってできる黄色腫があります。コレステロール値が高い場合は、体の表面にふくらみができます。最もよく見られのが...

血中脂質値は、20歳以降に上昇し60〜70才でピークを迎えます。それ以降は下がっていきます。老期には上がり、より高齢にになると下がるわけです。このような初老期から高齢期にかけての脂質値の変動の理由は、まだ解明されていません。もっとも、個人差もあり高齢だからといって脂質異常症が少ないというわけではありません。近年の調査では、総コレステロール値が高い高齢者は、狭心症や心筋梗塞の発生率が高いことが報告さ...

近年、子供にも脂質異常症が多く見られているという報告があります。子供が脂質異常症になる背景には、食生活と生活習慣が上げられます。つまり成人と同じことなのです。食べ過ぎや肥満などは大人も子供も関係なく脂質異常症をまねきます。さらに心配なのが小学生などにも動脈硬化が見られることです。やはりこれも現代の裕福な生活環境を反映しているとも言えます。最大の原因は生活習慣にあり肥満に関するある調査によると、近年...

肥満も動脈硬化の危険因子です。肥満している人の血液を調べると、総コレステロールが多く、LDLコレステロールが少なくなっています。また、尿酸値も高く血圧も高い傾向が見られます。肥満のせいで、これらの要素が複合的に作用し、動脈硬化を促進する可能性が大きいのです。実際、肥満の度合いが強くなるほど、心筋梗塞や脳梗塞など動脈硬化による病気を起こす頻度も高くなります。標準的な方と比較して肥満度30%以上の肥満...

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


page top