コレステロールと病気

コレステロールは血管系の病気を起こす根源

作成日:2013/01/14

更新日:2018/10/13

 

 

コレステロールと病気

コレステロールは、ここ数年健康診断や人間ドックなどの検査で必ず目に飛び込んでくる言葉です。
特に、血糖値やガンマーGTPなどと並んでコレステロールほど注目されている検査項目はないのではないでしょうか?

 

コレステロールと言うのは、検査結果が異常値でも自覚症状が出ないケースが多くあり、非常に厄介なものでもあります。

 

しかし、コレステロールが様々なTVメディア等で取り上げられるには理由があります。
それは、コレステロールが高い状態は、動脈硬化を進行させたり引き起こしたりする根源だからです。

 

では、いくつかコレステロールが引き起こす病名の例を上げてみましょう

代表的な病気

どうでしょうか?

 

どれも一度は聞いたことのある『ヤバイ』と連想される病気ばかりではないでしょうか。

 

動脈硬化とは

動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中等といった生命にかかわる病気を引き起こします。わが国における死因の上位にはガンを抜いて動脈硬化性の病気が1位を占めると言う現実があります。

 

万が一生命に問題がなかった場合でも日常生活に影響を与える重大な後遺症を残すケースが多々あります。

 

では、このコレステロールを下げるためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

このサイトでは、コレステロールを下げるための方法を分かりやすく解説して行きます。基本的にコレステロールを改善するには、今までの生活習慣を振り返り改めるべき点を改め規則正しい生活を送るのに尽きます。

 

>>生活習慣病と運動療法
>>コレステロールと食事量の改善

 

またコレステロールを改善するための方法や『ちょっとしたポイント』、『コツ』、『注意点』などを細かく解説していきます。一つ一つコツコツと読んでいただければ知らず知らずのうちにコレステロールについての知識を深められるように構成しております。

 

 

関連記事

動脈硬化について
高コレステロールが大きな原因となる動脈硬化について解説しているページです。厚生労働省の発表によると、わが国における死因のワーストスリーの中に血管系の病気が2項目あります。そしてこの血管系の病気の要因とも言えるのが動脈硬化なのです。

 

 

 

ダイエット

コレステロールと食事量の改善
実は意外と知られていないのですが、コレステロールの約8割は体内で生成されています。コレステロールを下げるには、コレステロールが多く含まれている食べ物だけを控えればいいと思われがちです。 しかしこれだけでは不十分なのです。

 

 

 

脂質の種類、油はバランスよく摂取する
「脂質(油脂)はコレステロールをふやし、動脈硬化を促進させる悪者」と認識している人がいますが、これは誤りです。また、量だけでなく摂取する脂質の内容も動脈硬化の原因にかかわっています。

 

 

 

 

トクホ(特定保健用食品)とは
特定保健用食品、通称トクホとは身体の生理学的機能などに影響を与える成分を含んでおり、コレステロール、中性脂肪などを改善したり、お腹の調子を調整するなどの特定の保健の効果が科学的に証明されている国(消費者庁)が許可した商品でです。トクホは健康が気になる方、健康を維持していきたい方を対象にしている食品です。一般的な医薬品とは意味合いが違いますので、病気の治療目的には使用するものでもありません。

 

 

 

 

 

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP


 


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

PRサイト

コレステロール・中性脂肪に効果のあるトクホドリンク

イマークS公式HP

イマークS
ニッスイ(日本水産株式会社)から発売されている「イマークS」です。 イマークSは、「EPA」特定保健用食品で1本あたりEPA600mg、DHA260mgが含まれている消費者庁が認可した特定保健用食品です。一日たったの一本、これ飲むだけでコレステロールを改善!!一本105円より。

イマークでLDL対策

イマークS公式HP



コレステロール対策商品 よくある質問 記事一覧 栄養素データーベース 運営者情報